うつみ宮土理、今後は「終活タレント」として活動!?

5月14日(木)17時59分 アサ芸プラス

 夫で俳優の愛川欽也を亡くしたタレントのうつみ宮土理が5月10日、長い沈黙を破りようやく会見を開いた。その姿はげっそりとやせ細り、痛々しくさえ見えたが、記者の質問に対しては語気を荒げる場面もあり、その様子に心配の声さえ上がっている。

 会見に出席した芸能記者が話す。

「いつものにこやかな宮土理さんとは別人のようでした。記者とのやりとりを『ケンカ腰』と書いたメディアもありましたが、それよりも感情のコントロールができていないように感じました。それほど、愛川さんを失った悲しみが深いんだと思います」

 愛川が亡くなって以来、うつみの憔悴した姿は一目瞭然だ。会見を開いた翌日には、14年10月から始めたニッポン放送のレギュラー番組「うつみ宮土理のおしゃべりしましょ」の終了も発表された。

 うつみはこのまま、芸能活動を辞めてしまうのだろうか? この疑問に対して芸能ジャーナリストは次のように答えた。

「仕事は続けると思います。一部報道では、愛川さんの前妻との間に生まれた2人の子供との総額10億円以上とも言われる遺産問題が取り上げられていますが、子供たちは放棄するのでは。なぜなら、相続するとなれば、借金の返済義務が生じるケースもあるからです。また、うつみさんは愛川さんの遺した『キンケロシアター』を維持したいでしょうから、そのためにも稼がなくてはなりません。今後は、愛川さんを家で看取った経験に基づき、終活をテーマにした執筆や講演活動が増えるかもしれませんね」

 交友関係が広く、多くの人たちに慕われているうつみ。友人やファンに支えられて、1日も早く元気な笑顔を見せてほしいものだ。

アサ芸プラス

「うつみ宮土理」をもっと詳しく

「うつみ宮土理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ