ベッキー復帰に「待った!」をかける、恐るべしネット民の不買行動&抗議メール

5月14日(土)17時59分 アサ芸プラス

ゲスの極み乙女。川谷絵音との不貞問題で休業中だったベッキーが、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)の一部収録に臨んでいたと報じられた。放送日は未定だが、スタジオ内での収録ではなく、別撮りだったようだ。

 なぜ、収録の段階で様々な情報が一斉に流れたのだろうか? 芸能ジャーナリストは「視聴者の反応を見るためではないか」という。

「ベッキー復帰関連の記事に対し、ネット上ではすでに『(川谷が)離婚したから復帰っておかしい』『ムカつく、テレビに出てたら即消す』など、復帰に否定的な意見が殺到しています。以前、食品メーカーが矢口真里を起用した際、不適切との意見が飛び交いCMがストップしました。スポンサーが視聴者の反応を知りたかったのではないかと思う」

 しかし、ベッキー復帰ともなれば、それなりに視聴率は取れると思うのだが。

「それは一度限りのこと。ネット上ではスポンサーを調べて、不買行動や抗議メールを促すコメントもあります。それは、スポンサーにとってマイナス以外の何ものでもない。ベッキーを出演させるということは、番組のスポンサーが彼女を“許した”と取られかねません。ベッキーは謝罪会見で川谷との恋愛関係を否定していたのに、その後、結局は不貞を認めました。つまり嘘をついた。そんな人を許し、認めるのは、企業イメージに影響する」

 テレビにとってのお客様は、あくまでも視聴者。その視聴者からそっぽを向かれているのであれば、ベッキーの出演はまだまだ難しいかもしれない。

(李井杏子)

アサ芸プラス

「ベッキー」をもっと詳しく

「ベッキー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ