代表作に!?西島秀俊、ピカチュウの吹き替えが「ハマってる」と大評判

5月14日(火)10時15分 アサジョ

 大人気ゲーム「ポケットモンスター」から初のハリウッド実写映画となった「名探偵ピカチュウ」。日本語吹替版のピカチュウの声を西島秀俊が担当していることが反響を呼んでいるという。

「5月3日に都内で行われた初日舞台挨拶に現れた西島は『ピカ島秀俊』と紹介されて照れ笑いを見せていました。実は、この春は西島にとって受難の春と見るか、役者として飛躍の春と見るか、ファンの間では議論されているのです。人気沸騰中の深夜ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)では、同棲するパートナー・ケンジを演じる内野聖陽の演技が『乙女っぽくて素晴らしい』『シロさんとキッチンでただすれ違うだけでも恋心がダダ漏れてる』などと絶賛されているのに対し、料理上手で弁護士としては優秀なシロさんを演じている西島には『しゃべらないとシロさんぽい』『見た目はシロさん再現度100%なんだけど演技がヘタ』といった厳しい声が聞こえていますからね。しかし“西島ピカチュウ”を観た人からは『意外とよかった』『ピカ島はハマッてる』『中身は中年オヤジ設定のピカチュウに合ってた』と評価が高く、俳優より声優のほうがいいかもしれないという声まであがっているのだとか」(女性誌記者)

 ゲーム「ポケモンGO」をやるために「僕もトコトコ歩きました」と笑顔を見せた西島。新たな代表作になるかも?

アサジョ

「ピカチュウ」をもっと詳しく

「ピカチュウ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ