宮崎あおい、海外ロケは「楽しかった」と語るも、監督から「帰りたがってた」と新証言!?

5月14日(土)14時48分 シネマカフェ

宮崎あおい&佐藤健/『世界から猫が消えたなら』舞台挨拶

写真を拡大

映画『世界から猫が消えたなら』が5月14日(土)に公開を迎え、主演の佐藤健をはじめ、宮崎あおい濱田岳奥田瑛二、原田美枝子、永井聡監督が舞台挨拶に登壇。映画に登場する猫のパンプも登場し、会場が大きな盛り上がりを見せた。

「本屋大賞」にもランクインした100万部突破のベストセラーを映画化。余命わずかと宣告された青年が、突然現れた自分そっくりの悪魔と取り引きし、大切なものをひとつ消すたびに一日分の命をもらえることになるが…。

本作は世界遺産のアルゼンチン、イグアスの滝でも撮影が行われている。佐藤さんは「僕は、海外で映画を撮ること自体が初めてだったので高揚しました」と述懐。長い旅路となったが宮崎さんは「(現地に)行くまでが楽しかったです。旅にトラブルはつきものですが、乗らないといけない飛行機に乗れなかったり、二手に分かれなくてはいけなくなったり、いろいろありましたが、結果的に誰も待たせたりすることなく、全てがうまくいったし、楽しかったです」と笑顔で振り返る。

が! 永井監督はここで「あおいちゃんは(日本に)帰りたがってました(笑)」と宮崎さんのコメントを覆す証言! 宮崎さんは慌てて「楽しかったですよ(笑)!」と返すも「初耳です。あおいちゃんは基本的に家が好きなので」と疑義を表明し、会場は笑いに包まれた。

佐藤さんは、この6月で芸能生活10年の節目を迎えるが「私事ですいません」と前置きしつつ「ずっと支えてくださるみなさんのおかげで、今日もここに立てています。あまり、意識はしてなかったですが、結果的にこの映画が10年の集大成になったと思います。このメンバーでこの作品を作れたことが誇りです」と語った。

そんな佐藤さんについて監督は「会う前はクールな感じかと思ってましたが、実際はものすごく等身大の男の子。スタッフはみんな『タケルちゃん』と呼んでたし、陰では『タケルン』と言ってました」と明かす。さらに奥田さんは「一緒に寿司に行ったんですが、まあ飲むぞ、この男は! 若いのにすごい。たくましいです」と佐藤さんの酒豪っぷりを証言した。

この日は、映画の中でキャベツ役としてキュートな演技を見せている猫のパンプ(約13歳)も来場。気持ちよさそうに佐藤さんの腕に抱かれていたが、佐藤さんが「ほとんどNGがなかった」と言えば、監督からは「健くんの方がNGを出してた」とも! 佐藤さんは「共演者が自分かパンプしかいない孤独な日々の中で、パンプに癒してもらっていました」と振り返っていた。

『世界から猫が消えたなら』は公開中。

シネマカフェ

「宮崎あおい」をもっと詳しく

「宮崎あおい」のニュース

BIGLOBE
トップへ