指原莉乃「不倫したいと思った」 セックス・浮気・風俗...アイドルたちがキワどすぎるトークを展開

5月14日(木)20時30分 メンズサイゾー

 HKT48の指原莉乃(22)が13日深夜に放送された『僕らが考える夜』(フジテレビ系)で、共演したAKBメンバーと不倫や浮気、セックスといった刺激的なテーマのトークを展開して話題となっている。


 同番組はAKBグループに所属するアイドルたちが、日本の「今」について語る討論バラエティ。これまでにも「自殺」や「イジメ」などを取り上げ、毎回のように視聴者からさまざまな意見が寄せられ、ネット上に波紋を呼んでいる。そして今回もヘタな発言をすればアイドルにとって命取りになりかねない「不倫」がテーマに。MCを務める指原のほか、AKB48の倉持明日香(25)、高城亜樹(23)、島田晴香(22)、中村麻里子(21)が出演し、「家庭を持っている人を好きになったらダメですか?」を議題にディープなトークを繰り広げた。


 その冒頭、「40代女性の56%が不倫経験者」「女性の2人に1人は不倫経験者」と刺激的な情報が紹介されると、「そんなに?」と目を丸くして驚いていた島田。しかし、その横でどこか納得したようにうなずいていた指原は、昨年放送された主婦の不倫をテーマにした上戸彩主演の連続ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(同)を毎回楽しみに見ていたと言い、「結婚してないけど不倫したいって思った」と発言して逆に周囲を驚かせた。


 その後もメンバーたちは、「大人の雰囲気のある人は(結婚指輪を)してる...」「ミュージックビデオの撮影時に一生懸命がんばってくれているスタッフさんの薬指を見ると、だいたい(指輪が)ある」などと、素敵だと思った男性には既婚者が多くてがっかりするといったエピソードを披露。メンバーたちは「わかる! わかる!」と大いに盛り上がり、「指輪効果ってあると思う」「人のものは良く見えちゃう」と不倫を肯定するような意見が飛び交った。


 この日は不倫経験者としてジャーナリストの山路徹氏(53)も出演しており、「不倫は絶対にしてはいけない。自分自身を壊している」と持論を展開すると、メンバーらは身を乗り出して静かに聞き耳を立てていた。また、山路と逆の意見として作家の岩下尚史(53)が、「でも好きになったらしょうがない」「どうしても"寝たい"ってときがあるでしょう」とメンバーに同意を求めるように話を振ると、思わず高城は苦笑いを浮かべて肯定も否定もせず、ただ戸惑うばかりだった。


「恋愛禁止を謳うアイドルに"不倫"を語らせることへの賛否は別にして、かなり思い切った企画でしたね。それゆえメンバーたちも話したいけど話せないといった空気を出しており、聞き役に徹しているシーンが多くありました。経験者の山路さんが優しい語り口調で話しているときは、まるで先生の話を聞く生徒のようでしたね。視聴者からも『今回はさすがに無難な意見が多いな』や『積極的に話したらショック』などと複雑な思いがうかがえる声が上がっています。メンバーにとってもちょっと難しいテーマだったかもしれませんね」(芸能ライター)


 番組の後半では浮気のボーダーラインについて語り合ったメンバーたち。「男性が風俗に行くのは不倫になる?」と指原が質問すると、島田は「風俗にもいろいろあるじゃないですか?」と逆に質問していたが、ネット上には「ピンサロならOKだけどソープならダメってことかな」と指摘するコメントもあり、ちょっとした発言が思わぬ解釈をされてしまっているようだ。さすがに山路が「女性だって性欲あるでしょ? みんなは?」と真顔で聞いたシーンでは誰も答えていなかったが、今後も刺激的なテーマを扱うことになれば耳を疑うような発言が飛び出すのかもしれない。


 日本のトップアイドルが取り上げるとは思えないトークを展開する同番組には、「こんな話、してもいいのか」と戸惑う声も聞かれる。しかし、AKB48はMVで下着姿を披露するなど、従来のアイドルイメージを塗り替えてきた歴史を持つ。これからもアイドルらしくないアイドルとして斬新な企画に挑戦しながら成長することだろう。
(文=kamei)

メンズサイゾー

「風俗」のニュース

BIGLOBE
トップへ