栗山千明が目隠し拘束プレイ! 不倫ドラマのセクシー展開から目が離せない

5月14日(土)18時0分 メンズサイゾー

 連続ドラマ『不機嫌な果実』(テレビ朝日系)で、主人公の栗山千明(31)が禁断の色気を発揮して話題になっている。


 作家・林真理子の同名小説を原作とし、先月末にスタートしたこのドラマ。97年にも石田ゆり子(46)主演で映像化され、"不倫ドラマの金字塔"と好評を博した作品だ。この中では夫に愛されたいと願う妻が泥沼の不倫に溺れる様子が描かれており、最新版の開始前には栗山の体当たり演技に大きな注目が集まっていた。


 ファンの期待に応えるように、初回から栗山は大胆な姿を披露。第1話の冒頭でスレンダーな美脚をあらわにした入浴シーンなどに挑戦し、2話では不倫相手役を演じる俳優・成宮寛貴(33)とラブシーンを繰り返して多くのファンを魅了した。その最新話が13日に放送され、ネット上に「今回もすごかった!」と歓喜の声が殺到している。


 結婚して5年になる主婦を演じる栗山は、SMAPの稲垣吾郎(42)扮する夫から女として見てもらえなくなり、セックスレスの関係にある。さらに稲垣は極度のマザコン&潔癖症という設定で、そんな夫に栗山は嫌気が差していた。その栗山の前に現れた男が、独身時代に交際していた敏腕広告マンの成宮だ。


 罪悪感に苛まれつつも、栗山は成宮と禁断の関係に陥り、温泉旅行に足を運ぶ仲に発展してしまう。しかし、栗山は「これ以上夫を裏切ってはいけない」と考え、それを成宮に切り出したのだが...。13日の回で、納得できない成宮はある手段に出る。ホテルの一室に呼び出した栗山にいきなり目隠しをして、「こういうの経験ある?」と意味深にささやいたのだ。


 突然の出来事に戸惑う栗山だが、成宮は彼女の両手をハンカチで縛ってそのままベッドに押し倒す。抵抗する栗山に対して、ふたたび成宮は「たまにはこういうのもいいと思って...」と呟き、やがてふたりはベッドの中で激しく乱れ始めるのだった。


 この"目隠し拘束プレイ"が放送されると、ネット上の視聴者は「待ってました」「エロすぎ!」「栗山千明がここまでするとは」と大興奮。今回もまた艶っぽい演出で話題を集め、今後のセクシー展開にさらに大きな期待が寄せられている状況だ。


「ドラマ視聴者の中には『不機嫌な果実』のストーリーを知っている人も多い。まだまだ刺激的なシーンがあるとわかっているため、それを栗山さんらがどう演じるのか楽しみにしている。中でも注目度が高いのは橋本マナミさん(31)です。彼女が演じる役柄は97年の『不機嫌な果実』でも、かなり奔放なキャラで大胆なシーンも多かった。多少設定は異なりますが、橋本さん自身も"愛人キャラ"をウリにしたタレント活動を行っていますので、ドラマ視聴者は今か今かと待ち構えている。また、稲垣さんと一線を越えてしまう高梨臨さん(27)にも同じような期待が寄せられています。


 それに加えて、女性視聴者からは成宮さんの肉体美が好評で、ドラマの公式Twitterなどには『成宮君となら浮気したい』といった願望が寄せられている。成宮さんは男性も惚れ惚れするボディを頻繁にあらわにしていますので、女性視聴者にもかなり刺激的に映っているようです。まあ、この作品のテーマは底知れぬ女性の欲望とも言え、それを満たすのが成宮さんの役割ですから、世の女性にとっても魅力的なのでしょう」(芸能ライター)


 昨年のドラマ『ふたがしら』(WOWOW)でも女優の菜々緒(27)と濃厚なラブシーンを披露し、このときも女性層から大きな反響があった成宮。濡れ場といえば女優に注目が集まることも多いが、今後の『不機嫌な果実』を盛り上げるキーマンは、女性を惑わす色気を放つ成宮なのかもしれない。
(文=愉快)

メンズサイゾー

「拘束」のニュース

BIGLOBE
トップへ