松たか子に枕営業を強要?『まめ夫』胸クソ展開に動揺「ドン引きしてます」

5月14日(金)10時33分 まいじつ


画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 



5月11日、松たか子の主演ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)の第5話が放送された。急な胸クソ展開に、視聴者は戸惑っているようだ。


【関連】『リコカツ』声優・三石琴乃に視聴者の怒り爆発「出番減らして!」ほか


主人公の大豆田とわ子(松)は、これまでに3回結婚して3回離婚した〝バツ3〟女性。建設会社の社長に就任し、最初の夫・田中八作(松田龍平)との間に生まれた中学3年生の娘・唄(豊嶋花)と暮らしている。田中はレストランのオーナー兼ギャルソン、2番目の夫・佐藤鹿太郎(角田晃広)は器が小さいファッションカメラマン、3番目の夫・中村慎森(岡田将生)は、とわ子の会社の顧問弁護士で理屈っぽいひねくれ者。3人の元夫はとわ子のことを〝好きで嫌い〟なようで…。


第5話では、とわ子が社長を務める「しろくまハウジング」に、話題のイベント会社からアートイベントの仕事が舞い込む。先方の社長・門谷(谷中敦)は、とわ子と同じ〝バツ3〟ということで、互いの離婚歴や結婚観で意気投合。しかし、とわ子が予算のことを話題に出すたびに門谷は話を変えて、予算のことは後回しになっていく。


そんな中、門谷は突然とわ子にプロポーズ。門谷は上から目線で「あなたのようなかわいそうな人を見るとほっとけないんですよ」「あなたは人生に失敗している。僕はそんな傷を丸ごと受け止めてあげようと思ってるんです」と迫った。とわ子は当然門谷の申し出を断ったのだが、後日、門谷の会社から〝追加予算は認めない〟と一方的な文書が「しろくまハウジング」に届く。


とわ子は交渉しに門谷のところに向かうと、車に乗った門谷が現れ、「話がおありなら乗ってください」ととわ子を助手席に誘う。そして2人はどこかへと消えてしまうのだった…。


突然のクズ男に視聴者困惑「公私混同ジジイ」


これまでコメディー的な展開が続いていた中で、いきなりシリアスな展開になったことに視聴者は困惑。特に、とわ子が半ば強制的に車に乗せられるシーンには



《ガチクズすぎてドン引きしてます…》
《枕営業みたいになってる。なに? 鬱展開?》
《公私混同ジジイでキモイ》
《こんな展開必要か?》
《ひでえなあ。経営者はこういう立場だとセクハラとか言えないのかね》
《この男、話が通じなさ過ぎる》
《毎週火曜9時は食後のデザートみたいなとっておきの贅沢な時間なのに、あのクソ社長のせいで胸糞悪かった…大豆田とわ子の世界観にあんなやついる?》



など怒りの声が殺到している。


ドラマ公式サイトによると、次回の第6話で第1部が終わり、話にひとまず区切りがつくという。どんな落としどころになるかで、視聴者の評価が大きく割れそうだ。


まいじつ

「松たか子」をもっと詳しく

「松たか子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ