小倉新二、デビュー30周年記念コンサートPR

5月14日(月)19時21分 日刊スポーツ

日刊スポーツに来社した小倉新二(撮影・鎌田敏晴)

写真を拡大


 演歌歌手の小倉新二(54)が14日、9月18日に発売するニューシングルと同月開催のデビュー30周年記念コンサートPRのため、大阪市北区の日刊スポーツ新聞社を訪れた。8年ぶりとなる新曲は「ありがとう…故郷」とカップリング曲「あなたに感謝」。ともに小倉が作詞、シンガー・ソングライター堀江淳が作曲を担当している。
 「ありがとう…故郷」は生まれ育った懐かしい場所や両親、祖父母を思い出して欲しいという思いを込めて書いた。小倉自身、昨年父親を亡くしたといい「30周年にいてほしかったんですけどね」とさびしさを抱えながら迎える節目の年だ。「あなたに感謝」はタイトルどおり、30年間の歌手生活で出会った人たちへの思いをつづったもの。「いろんな方々にお世話になっていますからね。その感謝の思いを込めて作りました」と語った。
 記念コンサートは9月22日に鹿児島市、同24日に出身地の種子島で開催される。

日刊スポーツ

「デビュー」をもっと詳しく

「デビュー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ