映画「街の上で」の今泉力哉×中田青渚が再びタッグ、新感覚イヤードラマ『はなのこと。』NUMAに登場!

5月14日(金)13時30分 Rooftop

「はなのこと。」サムネイルFIX版.jpg
「愛がなんだ」「アイネクライネナハトムジーク」「あの頃。」そして、現在大ヒット公開中の「街の上で」など、“いつもどこか不器用でうまくいかない恋愛模様”を描いてきた今泉力哉が、今回【NUMA】内で初めてオーディオドラマ=イヤードラマを書き下ろした。

タイトルは『はなのこと。』今作は、とにかくリアルを追求し、生々しさにこだわりぬいた、あらたな切り口の恋愛劇となっている。魅力的な登場人物を演じるのは今泉力哉の映画に出演した経験のある若手俳優3名。現在大ヒット中の映画「街の上で」で関西弁の大学生・城定イハ役を演じ、その魅力で多くの映画ファンを魅了した中田青渚が主人公の”はな”を。映画「あの頃。」でアール役を演じた大下ヒロトが”はな”を好きなバイト仲間”種田”を、映画「アイネクライネナハトムジーク」の久留米和人役を演じた萩原利久が“陽介”というキーパーソンを演じる。

はなと種田はバイト仲間。バイトあがりにたまに近くの公園でロング缶を飲む関係。種田は半年前に一度はなに告白してふられているのだが、まだはなのことが好きだった。再び、告白する種田。しかし、「返事はわかってるからいらない」と言う。「はなは?全然いないの、そういう人」と、逆にはなの恋愛事情を探る種田。気になる人なんていないと思っていた彼女にも、好きな人が。恋愛と友情と2回の告白の結末を楽しんでいただきたい。

また名画座シネマヴェーラ渋谷のポスターやキネマ旬報を始め、幅広いジャンルで活躍するイラストレーター・岡田成生による、この物語の象徴とも言えるサムネイルにも是非ご注目いただきたい。

照れくさくて、気まずくて、でもどこか愛らしい会話のやり取りをそのまま真空パックしたような新感覚イヤードラマ『はなのこと。』は本日から配信中。今泉監督の音へのこだわりと魅力的な俳優陣とのタッグによって生み出された生々しい空気は、聴く人をまるで彼らと同じ場所にいるかのような感覚にさせ、何度も繰り返し聴きたくなる魅力を持っている。新しい作品が加わったNUMA にアクセスして、あなたにもぜひ“新たな恋愛模様”を味わってほしい。

「はなのこと。」画像データ.jpg

NUMA:https://numa.jp.net/
NUMAプレミアム:月額(聴き放題)580円(税込)
※毎週 月・水・金 コンテンツ更新予定
※詳細はNUMAサイト内の概要をご確認ください。

『はなのこと。』

※配信中
【脚本・ディレクター】今泉力哉
【出演】中田青渚 大下ヒロト 萩原利久


Rooftop

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ