中居正広の父「アイツちゃんと稼いでるのかな」と息子を心配

5月14日(木)7時0分 NEWSポストセブン

「2月の19日にですね…私のお父さまが亡くなりました。ぼくのお家にも小っちゃい、5cmぐらいの箱の中に骨があって…」


 5月9日、SMAP中居正広(42才)はパーソナリティーを務めるラジオ番組『中居正広のSome girl’ SMAP』(ニッポン放送)で、父・中居正志さん(享年79)が2年間のがん闘病の末、亡くなっていたことを明かした。すでに親族のみで密葬を執り行い、4月8日には四十九日法要も済ませたという。


 落ち着くまでは親族や関係者以外には伝えず、いつもと変わらぬ姿で仕事に取り組んでいた中居。悲しい表情を浮かべても天国の父は喜ばないはずという彼なりの最後の親孝行だったのかもしれない。


 正志さんはジャニーズタレントの家族としては極めて異例の存在だった。基本的には家族をメディアには露出させないジャニーズだが、正志さんは2009年『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の人気企画「中居&ナイナイの日本一周景気回復の旅」で親子共演を果たすと、2012年には『27時間テレビ』(フジテレビ系)にも出演。


 ダウンタウン笑福亭鶴瓶(63才)といった大物芸人たちとも絡み、当時、40才を迎えようとしていた中居を「ヒロちゃん」と呼んでいることを暴露したり、前サッカー日本代表監督のザッケローニ氏を「ザッキーニ」と呼んでみたり、中居の力で発明品を作って億万長者になりたいなどと茶目っ気たっぷりな発言をして、お茶の間の笑いを誘い、“名物パパ”として人気者になった。


「中居くんは3人兄弟の末っ子で、上の2人のお兄さんたちとは年が離れているため、正志さんは幼い頃から中居くんを猫かわいがりしていました」(中居家知人)


 芸能界屈指の野球好きで知られる中居だが、それも正志さんの影響だった。小3の頃、初めて買ってくれたグローブを宝物のように大切にし、野球をやめるまで使い続けた。中居も大好きな父のために、お小遣いを貯めて誕生日プレゼントを贈っていた。


《親父には小2のときに好物のアワビを買いに行ったこともあります。小学生がアワビを買う姿って想像するとすごいでしょ(笑)》(あるインタビューより)


 そんな父子の関係は、中居が芸能界に入ってからも、また国民的スターに成長してからも変わらず、休日には一緒に野球やゴルフを楽しんだ。そして、正志さんは、いつも息子のことを気にかけていた。


「正志さんは中居さんのスタッフとこっそり連絡を取っては“次のドラマはどうなんだ?”とか“あいつの評判はどうなの?”と聞いていたようです」(芸能関係者)


 また紅白歌合戦のリハーサルには、毎年、足を運び、ステージに立つ息子の姿を見守っていた。


「正志さんは口を開くとつい息子の自慢をしてしまうんです(笑い)。“実は、マンションをプレゼントされたんだ”“車をもらった”と親しい人たちに語っていました。“アイツちゃんと稼いでるのかな、大丈夫かな”なんて話すこともありましたけど、いつも本当に嬉しそうでした」(前出・中居家知人)


※女性セブン2015年5月28日号

NEWSポストセブン

「中居正広」をもっと詳しく

「中居正広」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ