宇多田ヒカルの朝ドラ主題歌は亡き母へのラブレター?

5月14日(土)16時0分 NEWSポストセブン

『とと姉ちゃん』の主題歌には亡き母への想いが

写真を拡大

 絶好調の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK)。物語の大テーマである“ていねいな暮らし”が話題となるなか、主題歌も注目を集めている。宇多田ヒカル(33才)の新曲『花束を君に』だ。『レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞 2016年4月度』で、ダウンロード(シングル)部門で首位に輝いた。


 インターネット上には感動の声とともに、こんな感想も。


《冒頭の「普段からメイクしない君が薄化粧した朝」ってのが気になって歌詞を見て気付いた。これ、死化粧のことだよね》


《始まりと終わりの狭間、って、生死の間? お母さんのことをまだ引きずっているのかな…》


 宇多田の母・藤圭子さん(享年62)は、2013年8月22日、自らの手で命を絶った。その死からまもなく3年が経とうとしている。宇多田は、2014年5月にイタリア人男性と結婚、翌2015年7月に第一子が誕生し幸せな日々を送っているものの、母のことを消化しきれないでいるようだ。3月19日、ツイッターにこんなツイートをしている。


《自死遺族の方々によるブログをハシゴしてたら今がお彼岸だと知った。春分の日の今日はお彼岸中日か。母の遺骨は本人の希望通り散骨して、どこにもお墓はないから、お墓参りしたい時どうしたらいいのかな。海が見える所に行きたいな》


 宇多田を知る音楽関係者が言う。


「今回宇多田さんは、活動再開にあたって、『真夏の通り雨』という曲も発表していますが、『花束〜』と同様に母への思いを歌っています。2曲とも母親のことを書いているぐらいですからまだ自分の中で消化しきれていないんでしょうね。



 宇多田さんの実父・宇多田照實さんがブログに書いたように、藤さんは宇多田さんが5才の頃から心の病が表れだしたそうです。気持ちの浮き沈みは激しく、その結果照實さんと結婚、離婚を繰り返したり、突然わめきだしたり…。家族で藤さんを支え続ける中で、宇多田さんが瞬く間にスターになりました。このことが藤さんをますます苦しめることになったんです」


 宇多田が幼い頃は、「娘は天才なのよ」と周囲に自慢していたが、デビューして、どんどん成功していく娘を遠い存在と思うようになった藤さん。そんな母に対して宇多田は、大ブレークするなかで、ともに過ごす時間が減り、気持ちのすれ違いを埋めていくことができなくなっていく。彼女は1度だけ母に感情をぶつけたことがあったという。


「“出て行って”的なことを口走ってしまったことがあるそうで、それからというもの藤さんは“娘に嫌われているから”とよく口にするようになったと。宇多田さんはそんなことを言ってしまった自分を責め、すごく後悔したそうです。


 その後、何度も何度も宇多田さんは藤さんと向き合おうとしたんですが、藤さんがなかなか応じなかったといいます。ですから宇多田さんにとって、藤さんの死はただただ悲しいだけではなく、幸せな記憶があるだけに、無念さなど複雑な思いが絡んでいるんでしょうね。


 その藤さんへの思いがあの歌詞に出ているんだと思います。歌詞に《言いたいこと 言いたいこと きっと山ほどあるけど 神様しか知らないまま 今日は贈ろう 涙色の花束を君に》なんて、まさにそう思えてなりません」(宇多田の知人)


※女性セブン2016年5月26日号

NEWSポストセブン

宇多田ヒカルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ