観月ありさが藤ヶ谷太輔をガーヤと呼び好青年と評価

5月14日(日)7時0分 NEWSポストセブン

観月ありさga美脚を保つフットケア法は?

写真を拡大

 26年間、連続ドラマの主役を演じてきた観月ありさ(40才)。今回、『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系毎週日曜、21:00〜)で記念すべき30作目の主役をつとめる。その胸の内は…?


「実は連続ドラマの主演をやらせていただくことは、ライフワークのような感じで、特別に意識はしていなかったんです。連続20年目くらいから、“来年も更新?”と周りのスタッフが意識するようになってきて、自覚した感じです(笑い)」


 プライベートでは意外にも飽き性だという。


「興味があることが見つかると、極めるくらいの勢いでのめりこむんですけど、途中でふっと飽きちゃうんです(笑い)。最近は、共演者の高嶋(政宏)さんが教えてくださった健康法にハマっています。朝、季節のフルーツを食べると体にいいそうで、藤ヶ谷(太輔)くんと“フルーツ食べた?”と、毎朝、“フルーツ確認”をしています(笑い)」


 藤ヶ谷とは初共演で、会う前はもう少し尖った印象を持っていたそうだが、実際は…。


「とても好青年! いつもニコニコしていて波がないんです。藤ヶ谷くんからは“あり姉”って呼ばれていて、私は“ガーヤ”って呼んでいます」


 櫻子を演じるにあたって、オタクな骨格標本士の雰囲気が出るよう、厚みのある前髪を作って臨んだ。また、撮影現場には実際の骨格標本士が来て、骨について説明してくれるそうだ。


「標本士さんの目がランランと輝いている(笑い)。“リアル櫻子さん”のようで、お手本にしています」


 1話完結型のドラマだが、実は各話の事件につながりもあって最終話までミステリーが続いていく。


「感情をあまり表に出さない櫻子さんの、“微妙な表情の差”とともに(笑い)、最後まで楽しんでいただけたら」


 そして、“三度の飯より好き”なものについては「旅行! 自分が行ったことがない場所に行くのが大好きで、時間を見つけるとすぐに行っちゃいます。今年のお正月はアフリカで動物を見て、大地を感じて『今年も頑張るぞ!』と思いました」とのこと。


 そして、美脚を保つフットケア法を聞くと、こう答えた。


「特別なことはしてないんですけど、マッサージをして、むくみはためないようにしています。お休みの時には体を動かすようにしていて、ジムで走ったり、ピラティスをやっています」


撮影/堀内亮


※女性セブン2017年5月25日号

NEWSポストセブン

「観月ありさ」をもっと詳しく

「観月ありさ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ