英ウィリアム王子「あまり熱心な学生ではなかった」と白状

5月14日(土)14時0分 Techinsight

ウィリアム王子、学生時代を回顧(出典:https://www.instagram.com/kensingtonroyal)

写真を拡大


このほど、英ウィリアム王子がオックスフォード大学Magdalen College(モードリン・カレッジ)を訪問。そこで学生たちと言葉をかわし「僕は頻繁に図書館に通うような学生ではありませんでした」と語った。

ウィリアム王子がオックスフォード大学Magdalen College(モードリン・カレッジ)を訪問したのは、新たな図書館が完成したため。そのオープニングデイに同カレッジを訪問した王子は、自身の学生時代をこう振り返った。

「僕は、定期的に図書館に通う学生ではありませんでした。」

しかしウィリアム王子は学生達に「もしこのような素晴らしい図書館だったらもっと勉強する気になっていたかも…」と告白。どうやら王子の母校セント・アンドルーズ大学の図書館は、王子にとっては理想的な学習環境ではなかったようだ。

ちなみにこの発言のせいで、複数メディアは「王子は怠けた学生だった」と報道。最近では仕事に対してもあまり熱意がないとも批判されているが、王子は2人の子をキャサリン妃と育てながら公務もこなし、その一方で救急ヘリのパイロットとしての仕事、またチャリティ活動にも尽力している。

出典:https://www.instagram.com/kensingtonroyal
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

ウィリアム王子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ