オジー・オズボーン妻、離婚弁護士を雇用へ? しかし“ヤラセ説”も

5月14日(土)17時30分 Techinsight

オズボーン夫妻の離婚騒動、事実かヤラセか…?

写真を拡大


「ブラック・サバス」オジー・オズボーン(67)とヘアスタイリストの“浮気”が原因で、オジーを愛の巣から追い出したとされるシャロン・オズボーン(63)。「すでにシャロンは離婚弁護士を探す段階に入った」との報道が浮上したが、その一方で「単なるヤラセではないか」という噂もある。

米報道をまとめると、シャロン・オズボーンは夫オジー・オズボーンの浮気を確信。相手とされるスタイリストは勤務先のサロンをクビになったといい、今のシャロンは離婚弁護士を探し中、今後に向けて動き始めたという。資産のある夫妻だけに、離婚の方向で動くとなると財産分与に高い関心を集めそうだ。

しかしその一方で、今回の浮気・破局騒動そのものがヤラセではないかという説も浮上している。なぜなら夫妻は12日に開催された「ブラック・サバス」のツアーに関するイベントでもこの表情。オジーのマネージャーを務めるシャロンにつき、オジーは『E!News』にこう話しているのだ。

「嫁は大事だ。今もボスだぜ、オーイエー!」

またシャロンも「結婚破綻と仕事は別よ。これが私の仕事なの」「長い間彼と働いてきたんだから」と語った。

『NYポスト/Page Six』には、「常にドラマの起こる家庭なんです」「そうすれば世間がオズボーン家に興味を持ってくれますから」という証言があり、「彼女は賢い人です。オジーも彼女に気付かれずに浮気をするのは困難でしょう。これがヤラセなら、オジーがコウモリを噛み千切った時ほど注目を集めたことになりますよ」といったコメントも紹介している。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

離婚をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ