佐藤江梨子 東京・新宿で“完全防備”ツーショット現場を目撃撮!

5月15日(日)9時57分 アサ芸プラス

 今年3月まで51年続いた昼ドラの最後を飾った「嵐の涙」(東海テレビ系)に主演していた佐藤江梨子(34)。現在は、ようやくオフを満喫しているようだが、意外なツーショットも目撃されて‥‥。

 4月22日午後3時過ぎ、サトエリこと佐藤が昨年8月に出産した長男を抱っこヒモで抱えながら現れたのは、新宿のデパート。身長173センチでスラリとしたモデル体形のサトエリだけに、スッピンでキャスケット(ハンチングの一種)を目深にかぶっていてもそのオーラは一目瞭然だった。居合わせた主婦によると、

「レディースフロアでとにかく目を引くスタイルのよさで目立っていました。颯爽と歩く姿はブランドのコレクションのランウェイを歩いているみたい。体もスレンダーでモデルみたいでした」

 さらに周囲を仰天させたのが、サトエリの横にぴったりと寄り添う男性。確か昨年1月に“できちゃった婚”を発表した男性は、サトエリよりも身長が15センチ以上も高いブラジル人のはず。ところが、親しそうに一緒にいるのは彼女と同じぐらいの身長だ。

「サトエリさんと男性は終始親しそうな雰囲気で和気あいあいと話していました。階段を降りる時には、腕を支えてあげたりして、まるで恋人のよう。サトエリさんが抱えている息子の顔を2人でのぞき込み、『かわいい〜』と連呼していました」(前出・主婦)

 そして買い物を済ませると男性がかいがいしく買い物袋を持ってエスコート。さながらラブラブカップルのようで、サトエリ自身も、

「ありがとう〜。重いのにいっぱい持ってもらっちゃって」

 と、すっかりリラックスした様子だったという。

 2人の親密さが“確信”に変わったのは、その直後のこと。2人が次に向かったのは、ナント女性ランジェリー専門店。カップルでもなかなかパートナーの下着選びにつきあうことはないだけに、たまたま居合わせた女性客も驚いたという。

「2人は店内に入るや一目散にブラを物色。胸元がきゅっと結んだリボンみたいになっているノンワイヤーの黒のブラジャーを指名買いしていました。ワイヤー特有の締めつけがないにもかかわらずバストをほんのりボリュームアップ、ふっくら谷間寄せしてくれる特徴の『胸きゅんブラ』で、価格は3542円。他に1枚1500円程度のパンティも数枚購入していました」

 ちなみに、サトエリが購入したブラのサイズは、70センチのEカップだったとか。一時は出産後に最大24キロも太ったというが、わずか8カ月余りで、出産前のナイスバディに戻すあたりは、さすが元グラビアクイーンといったところか。

「一緒にいた男性とは、恋人というより仕事関係のつながりのようで、サトエリさんが『息子がたまに旦那にそっくりなんだよね』と言うと『確かに〜』なんてオネエ言葉風に返していたので、旦那公認の親しい仕事の関係者かも‥‥」(前出・主婦)

 どうやら公私ともに順調なサトエリ。次こそ、購入したランジェリーを披露して世の殿方を楽しませてほしいものだ。

アサ芸プラス

「佐藤江梨子」をもっと詳しく

「佐藤江梨子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ