世界が魅了された“美人スケーター”が来日 今田耕司が大興奮

5月15日(火)12時10分 クランクイン!

世界が魅了された“美人スケーター”が来日 今田耕司が大興奮 ※「サスキア・アルサル」インスタグラム

写真を拡大

 今田耕司が、14日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系/毎週月曜21時)に出演し、平昌オリンピックで一目惚れしたというエストニアの美人スケーターのまさかの来日に、喜びの絶叫をあげた。 その美ぼうの主は、サスキア・アルサル選手、24歳。平昌オリンピックの開会式で同国の旗手を務めた際、中継映像にわずか5秒しか映らなかったにも関わらず、身長176センチというモデル並みのルックスと美しい顔立ちに世界が騒然。SNS上で、「あの美人は一体何の選手?」「まるでモデルみたい」などと話題を独占した。

 同オリンピックにエストニアで初めての女性スピードスケーターとして出場した彼女は、高木菜那選手が金メダルを獲得した「女子マススタート」で4位入賞も果たしている。
 
 そんな実力に加え、美人の同選手のもとには、ヨーロッパ中からテレビ出演やモデルのオファーなどが舞い込み、今まさに引っ張りだこだという。

 そんな世界が恋した奇跡の生中継を部屋で見ていたのが今田。映った瞬間、「なんやこの子、めちゃめちゃ可愛いがな!」と驚いたそう。さらには「大人の女性、雪の妖精」と絶賛し、「ちょっと目を逸らしてたらもう分からない、それがパチンと目が合った」「だから出会ったんですよね」などと“愛”を語った。

 そして羽鳥慎一アナウンサーから、「『サスキア選手とコンタクトし、交渉に交渉を重ねた結果、なんと来ていただきました!」と言われると、今田は目を輝かせて「うそでしょ!?」とびっくり。ついにサスキア選手が登場すると「キレイ!」「サスキア〜〜!!」と歓喜の絶叫をあげ、「見てくださいよ!」とまるで彼氏気分で共演者にも紹介した。

 「付き合っている人はいない」という事実が分かると、今田はスピードスケートで滑走するときの体の動きをして喜びを表現。だが今田とは「お付き合いできない」と言われると、「なんでやねん!」と一言。アスキア選手から「ごめんなさい、出会ったばかりの人をジャッジできないの」と謝られると、今田は「分かりました」と素直に答えたものの、「あなたの友達、紹介してください」と言っていた。

クランクイン!

「美人」をもっと詳しく

「美人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ