あの「まえだまえだ」弟、すっかり大人に! 前田旺志郎17歳、「銀河鉄道999」で鉄郎役

5月15日(火)12時6分 J-CASTニュース

左が前田旺志郎さん、右が栗山千明さん(画像はスカパー!のプレスリリースより)

写真を拡大

SF漫画「銀河鉄道999」が、2018年6月18日の20時にBSスカパー!で実写ドラマ「銀河鉄道999 Galaxy Live Drama」として生放送される。

その中で、主人公の星野鉄郎を演じるのが、お笑いコンビ「まえだまえだ」で活躍した前田旺志郎さん(17)。これにネットでは、前田さんの成長ぶりに驚く声が多く上がっている。




「銀河鉄道999」の40周年記念で放送へ



「銀河鉄道999」は、松本零士さん原作の漫画で、1977年に連載を開始。78年にはテレビアニメが放映、79年には劇場版のアニメが公開された。今回のドラマ化は、「銀河鉄道999」の40周年を記念したもので、初の実写化となる。


出演者は、メーテルを栗山千明さん、機械伯爵を染谷俊之さん、アンタレスを宇梶剛士さんが演じるなど豪華な布陣。そのうち、主人公の星野鉄郎を演じるのが「まえだまえだ」の弟である前田旺志郎さんだ。「まえだまえだ」は、兄の航基さんとともにお笑い番組などで活躍。小さいながらも大阪弁で堂々と話す姿や、子どもらしい可愛らしさで人気を博した。


現在は兄弟で松竹エンターテインメントに所属している。兄の航基さんは大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)、弟の旺志郎さんは「命売ります」(BSジャパン)に出演するなど、ともに俳優業を中心に活躍している。




「顔が変わりすぎて びっくりした」




ネット上では、子どもの頃の印象が強かったせいか、


「まえだまえだ弟おっきくなったなぁ」

「顔が変わりすぎて びっくりした」

「めちゃくちゃ大きくなってて時の流れ感じた」

「銀河鉄道999の実写化よりまえだまえだの弟の方がもう18(※編注:実際には17歳)ってことに驚いてる......」

と、その成長ぶりに驚く声が多く見られた。


一部には、


「まえだおーしろーってまえだまえだのてじなーにゃ?」

「まえだまえだっててじなーにゃの人だろ?」

と、「てじなーにゃ」でおなじみの、幼年期に活躍したマジシャンコンビ「山上兄弟」と間違える人もいた。

J-CASTニュース

「銀河鉄道999」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「銀河鉄道999」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ