「わた定」5話 断らない側にも理由がある?セクハラ論争勃発

5月15日(水)22時47分 女性自身

吉高由里子(30)主演ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)の第5話が、5月14日夜10時に放送された。



クライアントのランダー社から呼び出された東山結衣(吉高由里子)たちは、周年サイトのデザインが「ピンとこない」とやり直しを命じられる。具体性のない要望に困惑する結衣たちだが、臨時アシスタントの桜宮(清水くるみ)は二つ返事で引き受ける。ランダー社の中西(大澄賢也)らとの飲み会に積極的に参加し、親交を深めようとする桜宮だが次第に要求がエスカレートしていき……というのが第5話のあらすじ。



ランダーとの飲み会に進んで参加する桜宮に「本当にあれが楽しい?」と詰め寄る結衣。しかし、桜宮は「相手に気をもたすレベルでやめてます。私も東山さんと同じで効率よく仕事したい。人にはそれぞれの働き方がある」と主張する。



そんな桜宮に対して部長の福永(ユースケ・サンタマリア)は「女性ならでの役割ってあると思うんだよ」とプライベートにランダー社と交流を深めるよう勧める。さらに、中西からは露出度の高いユニフォームを試着して走るよう半ば強制される。



こうした桜宮の姿にネット上では《桜宮さんが受けたハラ行為は断固ダメ案件だけど、彼女のようにそれで居場所を得られると思ってる人もいる。。》《嫌って言わないからああいう男がつけあがるんだよ! 断らないと!》と同情したり、その姿勢を批判する意見が見られた。



しかし、いっぽうで真っ向から対立する声が噴出。



《セクハラされた側は へらへら笑ってるように見えて、めっちゃ心えぐられてるから 忘れられない》

《『女性特有の役割』って何ですかねー? そういう発言がセクハラだしモラハラだしパワハラじゃないんですかねー?》

《したくなくても、彼女はこの仕事が好きだから自分の意思を押し殺して行動しているだけ。彼女の立場になって考えたら桜宮さんを責められない》



このように視聴者同士で“セクハラ論争”が巻き起こっていた。



最後には「相手に気を持たせたほうが仕事がやりやすくなると思っていた。でも、ウェア着ろって言われたときはさすがに情けなかった」と涙を見せる桜宮。気にしてないそぶりを見せるからといって、セクハラやパワハラをしていい理由には決してならない。桜宮のように明るく振舞っていても、心の中で泣いている傷ついている人は計り知れないほどいることだろう。



大事なのは何がセクハラでパワハラかという定義にこだわることではなく、接する人の気持ちを想像すること。「桜宮さん腕あるよ。だから自分を大切に仕事しよ」と優しく抱きしめる結衣こそ、まさに本当の意味での“理想の上司”ではないだろうか。



次回は、仕事人間の種田とプライベートを大事にする結衣の彼氏・巧(中丸雄一)の直接対決が!? 未練があるのは果たして種田だけなのだろうか? 次週が待ちきれない!

女性自身

「セクハラ」をもっと詳しく

「セクハラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ