佐藤浩市が安倍総理を揶揄? 傲慢過ぎる発言に「ダサい人...」と呆れ声

5月15日(水)17時31分 まいじつ


(C)まいじつ



俳優の佐藤浩市が雑誌インタビューで、安倍晋三首相を揶揄したとも取れる発言をし、ネット上で物議を醸している。ネットでは「そもそも最初から役を受けなきゃ良かったのに」「随分とアレな役者根性」などと批判の声が上がっている。


【関連】高須克弥院長が若者の愚痴に「甘えるな!」と投稿して炎上 ほか


佐藤は、5月24日に公開される映画『空母いぶき』で自身が演じた総理大臣役について、漫画誌『ビッグコミック』のインタビューに答えている。その中で、役の設定として《彼はストレスに弱くて、すぐにおなかを下してしまう設定にしてもらった》と原作を改変したことを明らかにしたが、この発言が『潰瘍性大腸炎』という難病を患っている安倍首相を〝揶揄〟しているのではないかと炎上しているのだ。


他にも佐藤は、総理大臣役について《最初は絶対やりたくないと思いました(笑)》と、オファーを受けた際の複雑な心境を吐露。その理由について、《いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残っているんですね。でも、監督やプロデューサーと『僕がやるんだったらこの垂水総理をどういうふうにアレンジできるか』という話し合いをしながら引き受けました》と、制作側とともにオリジナルな『総理大臣』を作り上げた上でオファーを引き受けたと明かした。


映画公開も間近だというのに、「そもそも体制側の役を絶対やりたくなかった」と爆弾発言をした佐藤に対し、ネット上では、



《こんなセコいシナリオ変更させて反体制気取ってる頭の悪さに驚いた》

《僕らの世代はって予防線張ってるのが最高に格好悪い》

《60歳近いのに体制派はやりたくないとか、そんな恥ずかしい青クサいこと言ってることにもビックリ》

《こんなにダサい人だったんだね》



などといった声が上がっている。



百田尚樹高須克弥院長がご立腹!


「佐藤浩市は以前、大河ドラマ『新撰組!』で新選組初代局長の『芹沢鴨』役を演じたことがあります。それなのに、今回『体制側の人間を演じるのは抵抗がある』とわざわざ強調しているわけですから、本当は〝体制派〟を演じるのが嫌なのではなく、〝総理大臣〟を演じるのに抵抗があるのでしょうね。たとえそうでなくても、そう受け取られてしまうことを考慮せずに発言したのが失敗でしたね」(テレビ誌ライター)


ちなみに、『永遠の0』などで知られる作家の百田尚樹氏は、今回の佐藤のインタビュー記事に対して、ツイッターで、



《三流役者が、えらそうに!! 何がぼくらの世代では、だ。人殺しの役も、変態の役も、見事に演じるのが役者だろうが!》



と怒りをあらわにし、自身の作品を映像化した際、佐藤をNGにすると発表。美容外科『高須クリニック』の高須克弥院長もこの話題を引用しながら、怒りマークの絵文字をツイッターに投稿した。


トップクラスの大物俳優VS別の業界の大物たち…何とも続きが楽しみな戦いだ。



まいじつ

「佐藤浩市」をもっと詳しく

「佐藤浩市」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ