「即日解雇を通告された」社員の暴露ツイートが話題になったゲーム会社・アルフリードゲームスが破産

5月15日(水)16時40分 おたぽる

東京商工リサーチより

写真を拡大

 5月15日、ソーシャルゲームの制作を手掛けていたアルフリードゲームスが東京地裁から破産開始決定を受けたと東京商工リサーチが明らかにした。負債総額は、債権者69名に対し約3億3600万円。


 アルフリードゲームスは、2019年3月に自社初となるアプリゲームの発表を予定していたが、ゲームの開発が遅延していたことから、商品化に漕ぎつけることができず、2019年2月には急激に資金繰りがひっ迫。ゲーム開発事業の譲渡やアライアンスに向けた交渉も進めていたものの、頓挫。今後の事業継続を断念し、破産に至った。


 また同社は、2月下旬にTwitterなどのSNSで複数の社員らが「経営者から一斉に解雇を通告された」と書き込みをしたことで、ネットを中心に話題を集めていたという。


 2月、Twitterでは「勤めていたゲーム会社の社員全員給与未払いのまま即日解雇になりました」「本日定時前に、即日解雇通告を受けました」という暴露ツイートが複数出回り話題に。突然会社を放り出された社員たちの中には、家族を抱える社員も少なくなく、当時ネットを震撼させた。

おたぽる

「破産」をもっと詳しく

「破産」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ