振り飛車“刀”でバッサバサ 菅井竜也八段、獅子奮迅の3連勝&プレーオフも勝利に「菅井無双」の声続々/将棋・ABEMAトーナメント

5月16日(日)8時42分 ABEMA TIMES

 プロ将棋界唯一の団体戦「第4回ABEMAトーナメント」予選Bリーグの第3試合、チーム康光とチーム菅井の対戦が5月15日に放送され、菅井竜也八段(29)が個人3連勝を飾り、チームの予選通過の原動力となった。さらには同率1位で並んだチーム糸谷との1位決定戦でも糸谷哲郎八段(32)に勝利。怒涛の4連勝で将棋ファンを魅了した。

【動画】大活躍した菅井竜也八段

 振り飛車党のエース棋士が、その刀で次々と相手を斬り捨てた。予選敗退の窮地で迎えたチーム康光との対戦。チームに勢いをつけようと第1局から出場すると、超早指し戦で大活躍の森内俊之九段(50)と熱戦に。序盤・中盤とリードを奪われたものの、終盤に執念の粘りを見せると、△5五金打を境に逆転。見守っていた郷田真隆九段(50)、深浦康市九段(49)が「これはすごい!」「びっくりですね!」と目を丸くするような逆転勝利を手にした。

 返す刀の第2局は、独創的な指し回しが光る佐藤康光九段(51)との対戦。先手番から得意とする中飛車・穴熊を採用すると、「この将棋は比較的上手く指せた」と自賛する一局に。構想力で勝り、2つ目の白星をチームに持ち帰った。

 こうなれば勢いは止まらない。第5局では佐藤九段と再戦になったが、今度は中飛車から四間飛車に移行しての穴熊を用いて、佐藤九段の居飛車穴熊と対抗。積極的に斬りつける快勝で3連勝を果たすと、またしても郷田九段から「いやー、強いです」、深浦九段からも「強すぎます」と、脱帽といった言葉が漏れると、視聴者からも「菅井無双」「菅井劇場じゃねぇか」「さすがリーダー」「菅井株が大急騰」といったコメントが大量に送られた。

 自身の3連勝もありチームは見事に予選通過を果たしたが、菅井八段の鋭い刃先は次の獲物にも襲いかかった。予選Bリーグ同率1位となったチーム糸谷のリーダー糸谷八段との1位決定一番勝負も、息詰まる大熱戦に。受けが強く自在な指し回しを見せる糸谷八段に対して、息詰まる終盤で根負けせず、一瞬訪れた好機を活かして一刀両断。ここでも執念の手が勝利に結びつくと、本人からも「予選通過が厳しいところから1位通過ができた。本当に一番いい結果が残せたかなと思います」と、ようやく目尻を下げた。

 これで菅井八段は、予選Bリーグで計7局を戦い6勝1敗。予選A、Bリーグに出場した計18人の中でも最高の成績とした。昨年は久保利明九段(45)のチーム久保による振り飛車チームの若武者として暴れたが、今年は一段とたくましさを備えたリーダーとして、昨年以上の成績を本戦トーナメントで狙う。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

ABEMA TIMES

「将棋」をもっと詳しく

「将棋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ