『うちの執事が言うことには』清原翔×神尾楓珠インタビュー|お互いの印象は?どんな役柄で共演してみたい?旬のブレイク俳優同士が赤裸々トーク

5月16日(木)12時30分 映画ランドNEWS

『うちの執事が言うことには』

清原翔×神尾楓珠インタビュー


うちの執事が言うことには
清原翔×神尾楓珠

シリーズ累計発行部数110万部を超える高里椎奈の大人気シリーズを、アイドルグループ・King & Princeの永瀬廉主演で実写映画化した『うちの執事が言うことには』が、5月17日(金)より劇場公開される。名門・烏丸家に降りかかる陰謀の謎を、永瀬扮する第27代当主・烏丸花穎が、新米執事たちとともに解き明かしていくさまが描かれる。


映画ランドNEWSでは、烏丸家に仕える仏頂面の新米執事・衣更月蒼馬を演じた清原翔と、同じく烏丸家のハウスキーパー代理を務める雪倉峻役の神尾楓珠の2人にインタビューを実施。お互いの印象や撮影時のエピソード、旬のブレイク俳優同士に赤裸々トークを繰り広げてもらった(取材:渡邊玲子/撮影:ナカムラヨシノーブ)。


──初対面のときのお互いの印象は?


うちの執事が言うことには
清原翔×神尾楓珠


清原:「めちゃめちゃ顔がキレイなやつが来たな」って。


神尾:え!?ホント?僕は怖かった(笑)。


清原:いやいやいや、なんでやねん!


神尾:だって背が高いうえに、目が鋭くて……。


清原:まぁね。確かに僕は冷たい目をしてるから(笑)。


神尾:でも、笑顔とのギャップはすごかった!


──撮影中にキャスト同士が仲良くなりすぎて、監督が困ったほどだったとか。


神尾:それは廉と翔くんが盛り上がっちゃったから(笑)。僕は割と静かだったはずですよ。


清原:いやいや、みんなもうるさかったでしょ!


神尾:でも、切り替えはちゃんとしてたよね。廉も初主演とは思えないほど堂々としていたし。座長としてしっかり現場を引っ張っていましたね。


──今回、執事を演じる上で大変だったことは?


清原:作法や所作に関しては、みっちり勉強させていただきました。


神尾:僕はまったくやってません(笑)。


清原:そもそも君は、何もわからない役の設定だからね。


神尾:でも途中から、少しだけ姿勢がよくなっているはずです。


清原:ちゃんと成長の過程が見られてよかったね!


神尾:所作については「原さんに聞けば大丈夫!」っていうくらい、峻の母親役の原日出子さんの所作は完ぺきでした。監督まで原さんに教えてもらっていたくらいでしたから(笑)。


──清原さんは、モデルの先輩でもある村上淳さんと共演されてみていかがでした?


うちの執事が言うことには
清原翔

清原:村上さんのことは、一方的にすごく好きで。もともと憧れていたからっていうのもありますけど、ちょっと怖い方なのかなぁとも思っていて。でも、実際にお会いしてみたらすごく優しくて。とてもフランクな方でした。


神尾:撮影中の村上さんは、ずっと犬のペロと一緒でした。ペロのこと、絶対に離さないんですよ!


──ペロはお二人には懐きましたか?


神尾:いや……。


清原:ぜんっぜん懐かない!村上さん以外、ほぼ誰もペロには懐かれてません(笑)。


──執事には常に身に着けている「7つ道具」があるそうですが、お二人は常に身に着けているものはありますか?


神尾:僕は多分7つも持ち歩かない。いつも荷物が少ないんです。


清原:携帯、鍵……。それから、イヤホンは「ティーバー」でドラマを観るのに欠かせないし……。


神尾:あと、財布!僕は台本もいつも絶対持ち歩いてる。


清原:僕は台本持ち歩かない。基本、家でしか読まないから。そもそも台本って珍しいものじゃないですか。だから「持ち歩いてる」って考えるだけで、なんとなく気になっちゃうんですよ。


──お二人は「3年A組—今から皆さんは、人質です—」や「なつぞら」といった話題のドラマにも出演されていますが、ドラマと映画の現場にはどのような違いがありますか?


うちの執事が言うことには
神尾楓珠

神尾:映画の場合はもともと結末が見えているから、そこから逆算して役柄の人物像を考えることができるんです。でも、ドラマはその場その場で台本を渡されるので、どんな展開になっていくのか、実は演じている僕らですら、全くわからなかったりするんです。


──そういう意味では、映画の方が役作りはしやすいですか?


うちの執事が言うことには
神尾楓珠

神尾:確かにそういう面はありますね。でも、実際の人間の動きとしては、先を知らない方がリアルじゃないですか。


──確かに!


神尾:だからそれぞれに別の面白さがあったりもするんですよね。


──清原さんは?朝ドラの場合、ずいぶん先まで台本はあるものですか?


清原:いや、ちょっと先までしかないですね。確かにそこは映画とは大きく違うかもしれない。


神尾:あとは、ドラマの場合、撮影から公開まで1年近くタイムラグがある映画と違って、ほぼリアルタイムで撮影しているから、周りの反応がダイレクトにわかるっていうのもありますね。


──映画の撮影から1年経って、お互いのブレイクについてどう感じてますか?


うちの執事が言うことには
清原翔×神尾楓珠

清原:いやいや、僕はブレイクしてないですから!僕は単純に嬉しいですよ。また共演できたらいいなとは思いますよね。


神尾:それは僕も同じです。今回はそんなに共演シーンが多くはなかったから。


清原:確かに今度はガッツリ絡む役もやってみたいよね。


──どんな役柄で共演してみたいですか?


清原:僕はもう高校生役は無理だから、“学園モノ”なら僕が先生で、楓珠が生徒じゃない?


神尾:“刑事モノ”はどう?翔くん絶対似合うから。僕は新米刑事の役で。


清原:確かに“刑事モノ”はいいかもね。僕は多分中堅くらいかな。


──お二人のコンビを早く見たいです。ちなみに、もう高校生役ができない理由とは?


清原:フレッシュさが足りないから(笑)。あとは肌の質感とか。「3年A組〜」みたいなリアルな高校生の中に僕が混ざったら、絶対に浮くじゃないですか!


──でも、ノリは一番高校生に近いのでは?


神尾:そうそう!今回の現場でも一番うるさかった!


清原:いやいや、そんなことはないですから(笑)。


──執事のほかに、着てみたい制服はありますか?


うちの執事が言うことには
(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

神尾:僕はまだまだ高校生役もイケるんで(笑)。いまは人生経験が足りないからまだ無理だけど、いつか医者の役をやってみたい。でも、今回翔くんが演じた衣更月は、もうちょっと愛想を良くすれば、ホテルマンも出来そうじゃない?


清原:タクシーの運転手役も、ほぼこのまま行けるかも!


──全部“白の手袋”ですね(笑)。


清原:でも執事って、何か動作をしながら言葉を発しちゃいけない決まりがあるんですよ。意外と一つ一つの動きを制限されることも多いんですよね。


──それはモデルの仕事に近い感覚ですか?


清原:いや、モデルとは似てるものを感じないですね。モデルはあくまで服がメインですし。


──役者とモデルには、そもそもどんな違いがあるんですか?


うちの執事が言うことには
清原翔×神尾楓珠

清原:“演じる”ってなると、自分とは全く別の人格になるような感覚もあったりするんです。それこそ、最近こういった取材を受けさせていただく機会も増えてはきたのですが、インタビューの時の撮影って、正直小っ恥ずかしいんですよ。すごく寄って撮られたりとか、パーソナルな感じが強いから。モデルは服がメインだから、僕にカメラが寄るってこと自体、そもそもほとんどないですからね。


神尾:その気持ち、僕もすごくよく分かる!役として演じる分には全然大丈夫なんだけど、“神尾楓珠”としてだと、ちょっとまだ恥ずかしいんですよ。


清原:そうそう!自分じゃなければ僕も全然イケるけど、パーソナルなところまで踏み込まれると、「いや、僕なんて、全然いいです……」って、感じになっちゃうんです(笑)。


──でも、そもそも役者は“見られる”のがお仕事ですよね?


清原:役を演じている場合は、「この人なら、こういう動きもするかもしれない」って自分から想定して動いたりもできるんですけど、「素のままでいて下さい」って言われると、どう動けばいいかわからないんです。


──役者さんって、意外とそういったタイプの方が多いのでしょうか?


清原:う〜ん、どうなんでしょうね?もちろん撮られるのが大好きな人もいるだろうから。でも、僕はパーソナルな部分になると……。


神尾:うわ、また出た!“パーソナル”(笑)。さっきからずっと同じことしか言ってないよ!


清原:いや、役じゃない時って、本当に全然感覚が違うんですよ。


──今後ますます“パーソナル”な部分が求められる機会が増えるのでは?


うちの執事が言うことには
清原翔×神尾楓珠


神尾:僕はだいぶ慣れてきたから大丈夫!SNSでは素の自分も小出しにしてますよ。逆に役を演じていない時は、キャラを作ること自体、そもそも苦手だったりもするんですよね。


清原:僕も「こういう風に見られたい!」とか思ったことはないですね。


──意外と、隠れ“俺様タイプ”だったりも……!?


清原:いやいや、そんなことはないでしょう!“俺様タイプ”って、なんかちょっとイメージ悪くないですか(笑)。


神尾:媚びを売るようなことは、できればしたくないっていうだけなんで(笑)。


清原:そうそう。ありのままの自分を出して、それでも「好き」って言ってくれる人がいたら、「ありがとうございます!」っていう感じかな。一度自分を取り繕ろっちゃうと、きっとどんどんキツくなるだろうから。


──“ありのまま”では居られなくなる局面に遭遇したら?


神尾:多分、来たら来たで……。


清原:お互い、めちゃめちゃ悩むだろうね(笑)。


神尾:きっと求められるレベルが高くなればなるほど、プレッシャーを感じる瞬間も訪れるはず。でもいまはまだ、それすらもどこか楽しみにしているようなところもあるんです。


──お二人の更なるご活躍を楽しみにしています!ありがとうございました!


清原翔×神尾楓珠サイン入りチェキを抽選で2名様にプレゼント!



うちの執事が言うことには
清原翔×神尾楓珠サイン入りチェキ

映画ランドNEWS読者へ清原翔×神尾楓珠サイン入りチェキを抽選で2名様にプレゼント!以下、応募方法及び応募フォームから必要事項を明記してください。


当選者数:2名様

応募締切:2019年5月24日(金)終日まで

発送予定:5月下旬

※当選は発送をもって発表とさせていただきます。


【応募方法】

STEP1:映画ランドアプリダウンロード



STEP2:応募フォームに必要事項を明記



STEP3:Twitterの投稿をRTで当選率UP!






映画『うちの執事が言うことには』5.17(金)全国公開


うちの執事が言うことには
(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原)だった。父・真一郎が残した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして企業家の赤目刻弥(神宮寺)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのか──。




映画『うちの執事が言うことには』は5月17日(金)より全国公開


(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会


取材・文:渡邊玲子/撮影:ナカムラヨシノーブ


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「執事」をもっと詳しく

「執事」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ