2PMテギョン除隊、入隊中「TWICEに会いたかった」と明かす

5月16日(木)17時21分 女性自身

韓国の男性歌手グループ2PMのテギョン(30)が5月16日、約20か月間の兵役を終えて除隊した。



テギョンは米国永住権を持っていたが、現役兵として入隊するために永住権を破棄。’17年9月4日に入隊し、白馬新兵教育隊で助教を務めた。軍生活中の模範的な姿からファンの間では「キャプテン・コリア」というニックネームまで誕生。韓国のみならず多くのファンから応援されてきた。



この日はテギョンの除隊を祝おうと現場には世界各国からファンが駆け付けた。また、メンバーのチャンソン(29)も私服で現れ、ファンと共にテギョンを迎えた。報道陣から「今いちばんしたいことは?」と聞かれると「2PMのメンバーに会いたいです。愛するメンバーたち、早く集まってもう一度かっこいい姿をお見せしよう」とメッセージを送った。



また、「軍生活中に会いたかった人は?」という質問には「正直に言うとTWICEにすごく会いたかったです」と答え笑いを誘った。「会いに行くと言ってくれたが、僕が軍隊で助教として訓練兵たちと過ごしていたので僕からお断りさせてもらった。それが少し残念でした」と付け足した。



また、自身のTwitterアカウントでも「朝から来てくださった多くの方たちに心から感謝します!!」「いい作品でご挨拶できるように一生懸命努力します!! もう少しだけ待ってください!!」と芸能活動復帰への意気込みをつづっている。



ファンからは「おかえりなさい!」「本当におつかれさまでした」「この日を待っていたよ」と歓迎するコメントが殺到している。

女性自身

「入隊」をもっと詳しく

「入隊」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ