TKO木下「俺より好感度低いんか?」 「自虐ネタ」連発...YouTubeは娘にも「Bad」押される

5月17日(月)19時4分 J-CASTニュース

2021年5月14日に放送されたバラエティ番組「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)に出演した、「TKO」の木下隆行さん(49)に対し、視聴者が驚きの声を上げた。

この日、木下さんは番組終盤のコント部分に出演。お笑い芸人の元「ザブングル加藤歩さんと永野さんがテロリスト役で乱入し、スタジオ内を制圧。「芸人として視聴者から嫌われている」と主張しつつ自暴自棄となってスタジオを爆破しようとするが、そこに木下さんが現れ、2人を諭し、「事件」を解決するというシーンだった。ただ、その諭し方が実に木下さん自身の身を切るものだったのだ。

「俺より好感度が低いんか?」

突然の銃声の後、拳銃を片手に目出し帽を被って現れた木下さんは、「お前ら、ホンマに嫌われてると思ってるのか?」「俺の方が(好感度)低いに決まってるやろ!」と凄むと、目出し帽を脱いだ。素顔が露わになって木下さんが「な、俺やぞ!」と再度凄むと、スタジオ内には笑いが広がったほか、出演者のビビる大木さんが「モノホンじゃないですか!」とツッコむなど、コントは一気に笑いのクライマックスを迎えたのだった。

すると、木下さんは「俺より好感度が低いんか?」と、2人に畳みかけたほか、「後輩とモメて、ネットで叩かれて、仕事も好感度もなくなった、俺やぞ!」とダメ押し。これらのシーンに対しては、ツイッターで「木下はダメ なにがあっても笑えない」「やっぱり笑えなかった」と厳しい声が複数上がる一方、「不覚にもTKO木下さんでめっちゃ笑ったわガチ自虐ネタは笑うしかあるまいて」といった声も上がるなど、その自虐ぶりに一部視聴者の間で拍手が起こったのだ。

次々と疑惑が噴出した後、所属事務所を退所していた木下さん

これらのシーンが視聴者から上記のような評価を集めた理由。それはやはり、木下さんが一昨年に起こしてしまったスキャンダルが原因だ。2019年9月、木下さんについて、後輩芸人に対してペットボトルを投げつけるなどのパワハラを行っていたと週刊誌が報道していた。

翌20年3月に木下さんは所属事務所を退所し、同年4月にはYouTubeアカウントを開設して謝罪動画を公開したが、その動画には大量の「Bad評価」が付き、ネット上で大きな話題になったことは記憶に新しい(J-CASTニュースの当時の記事<謝罪動画なのに「低評価96.4%」 TKO木下隆行、YouTuberデビューも辛辣コメ多数>はこちら)。

「全力!脱力タイムズ」の前述のコントでは、木下さんはそのことにも言及。「YouTube始めて謝罪動画が42万Bad。日本一の記録を出した」と当時を振り返ったほか、「申し訳ないと思って娘を呼び出した。娘に『ごめんな』って言うた。そしたら、『私もBad押したよ』って(娘に言われた)」と、いたたまれない気持ちになったことを明かしていたのだ。

このため、視聴者からは前述のものの他にも、「1周回ってTKO木下さん好きになってくるwwwwww娘さんwww」などといった声が。なお、木下さんのアカウント「TKO木下のキノちゃんねる〜天まで届け〜」で公開されている、元プロボクサーの亀田興毅さんとの最新動画の気になる評価は、再生数6607回に対し、「Good」が284件の一方で「Bad」は472件(5月17日夕時点)。その「Bad率」は62.4%であり、謝罪動画となった第1号動画に比べれば、だいぶ風当たりが弱まった感は強い。となれば、さすがに、そろそろ木下さんが視聴者から許され始めてきたのではないか、という気がしてくるのは気のせいではないだろう。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

J-CASTニュース

「TKO」をもっと詳しく

「TKO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ