尼神インター誠子、イケメン男子の店のチョイスに「攻めすぎじゃない?」 初デートをのぞき見する新番組『途中下車の恋街』(AbemaTV)

5月18日(金)8時0分 AbemaTIMES

  5月19日、AbemaTV(アべマTV)のAbemaSPECIALチャンネルにて“沿線恋愛リアリティーショー”『途中下車の恋街』がスタートする。


 本番組は、恋人募集中の男性が慣れ親しんだ街に初めて降り立った女性と1日デートを楽しみ、最終電車までに恋が生まれるのかを追う“沿線恋愛リアリティーショー”。毎回、異なる街を舞台に、男女が出会う様子から、美しい景色やグルメ、それぞれの街が作り出す独特の世界に酔いしれる様子をのぞき見する。そして終電間際、「もう少し僕と一緒にいてくれませんか?」と尋ねる男性に女性が回答するまでのドキドキの初デートを追っていく。


 そんなちょっぴり大人な恋愛模様を見届けるのは、お笑いコンビ・尼神インターの誠子・渚と、俳優の高野海琉だ。


 第1話の今回は、「古着好きエスニック系男子×跳ねちゃう系女子in下北沢」と、「リードしたがる系ハマっこ男子×19歳ヒールぎこちな女子in横浜」をお届けする。


 下北沢編では、お互いに「人見知り」という渡辺大貴(27歳、役者/以下、大貴)と大和田里香(20歳、大学生/以下、里香)が登場。いつまでも互いに敬語が抜けず打ち解けない様子に、MC陣も「硬い」とハラハラが止まらない。

 最初に大貴が連れて行ったのは、ベトナムコーヒー店。このチョイスに誠子も「微妙じゃない?」「攻めすぎじゃない?」と一言。その後も、古着店、雑貨店など、大貴セレクトの個性的なショップ巡りデートを楽しむ。しかし、依然として2人の間にはぎこちないムードが漂い、渚は「(付き合う可能性は)ないと思う」とバッサリ。最後に訪れたのは、アボカドがふんだんに使われたメキシコ料理に舌鼓を打ちながら「理想の異性像」を語り合う中で、里香は元彼と破局した意外な理由を明かす。それを聞いた大貴がかけた言葉とは? やがて2人の距離感に変化が表れ、告白シーンではMC陣に衝撃が走る。

 横浜編は異国情緒溢れる横浜中華街を中心にデートを展開。「自分も楽しみながら相手も楽しませたい」と語る坂本陽春(23歳、役者/以下、陽春)と、彼氏いない歴4ヵ月の竹内彩花(19歳、大学生/以下、彩花)が、陽春のリードで横浜中華街のグルメや名所を満喫する。

 陽春は序盤からフレンドリーな雰囲気を演出。しかし尼神インターの2人は、そんな陽春のデートに辛口評価を連発。尼神インターの2人が首をかしげた“初デートでのNGポイント”とは? 一方、デート当事者の彩花は、そんな彼のデートプランをどう受け止めていたのか。彩花への好意を覗かせる陽春に、彩花が出した答えとは?


 果たして当番組から終電を飛び越えた恋は生まれるのか? 『途中下車の恋街』は5月19日(土)23時より初回1時間スペシャル、第2話は5月26日(土)深夜24時〜24時30分、第3話は6月2日(土)23時30分〜24時放送でお届けする。


(C)AbemaTV

AbemaTIMES

「デート」をもっと詳しく

「デート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ