太川陽介&蛭子能収の「バス旅」ついに復活もファンが感じた“改悪部分”とは?

5月18日(土)17時59分 アサ芸プラス

 17年1月を最後に「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)を引退していた太川陽介蛭子能収のコンビが、5月16日放送の「太川蛭子の旅バラ」で復活。ふたたびバス旅に挑んだ。2人がコンビを組んでバス旅をするのは2年4カ月ぶり。バス旅ファンの評価はいいようで、「やっぱり2人のコンビはおもしろい」「バス旅最高。新コンビには出せない味」といった声がSNSには上がっている。

 だが、いくつかの変更点は不評だ。

「一番不満が上がったのはナレーションです。これまでキートン山田が担当していましたが、バカボン鬼塚に交代しました。キートン山田はひょうひょうとした語り口でコンビをサポート、時には蛭子にツッコミを入れるなど、表には出ない“バス旅のもうひとつの顔”でした。交代の理由は明らかにされていませんが、田中要次羽田圭介の『Z』はキートンと太川が担当しているので、差をつけたかったのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 これには「違和感を覚える」「前のほうがよかった」と否定的な意見が続いた。

 さらに一番大きな変更点はタクシー利用が可能になったこと。2日間で1万円までという条件はあるものの、バスがない区間で歩かなくてもよくなった。今回はこのルールをフル活用。上限の1万円まできっちり使い、旅を成功させている。

「これは歩くのがつらくなってきた蛭子のためにできた新ルールです。蛭子はホッとしていることでしょう。ただ、視聴者にしてみると、蛭子が苦しむところが見られなくなったわけです。『他人の不幸は蜜の味』とばかりに、蛭子の苦しむ姿を見て楽しむファンもいました。そういう人たちにしてみれば、“ルール改悪”と言えるでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 さらに不満の声が上がったのはロケ日数。前のバス旅は3泊4日で行われたが、今回は1泊2日。「ボリュームが少ない」「内容が薄く感じる」と否定的な意見が上がっている。

「1泊2日になったことで、バスの運行終了後から宿泊するまでのやりとりが1回だけになってしまいました。実はこの場面はバスにこそ乗らないものの、見どころがあるとしてファンには人気なんです。蛭子の宿交渉のやりとりは爆笑もの。また、ホテルの部屋を確認する際、太川が蛭子のベッドに寝転んで嫌がらせをするのはお約束。そして食事の時に太川がビールをグイッとあおるシーンはもはや名物になっています。それが3回から1回に減ってしまいました」(前出・テレビ誌ライター)

 短縮された理由は「旅バラ」のロケが1泊2日だからで、毎週放送するためには3泊4日では難しいのだろう。

「短くなったのは残念ですが、もちろん、いい点もあります。前のバス旅は年3回のペースで放送されてきましたが、今度のバス旅はすぐに次が放送されるようです。楽しみですね」(前出・テレビ誌ライター)

 新ルールを追加し、変更を受けて新たなスタートを切ったバス旅。太川陽介と蛭子能収の旅路がどうなるのか、今後も注目だ。

アサ芸プラス

「バス」をもっと詳しく

「バス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ