川栄李奈、「片寄涼太と歌うのがイヤだった」ワケとは!?

5月18日(土)9時59分 アサ芸プラス

 映画「きみと、波にのれたら」の完成披露舞台挨拶が5月14日に東京・六本木で行われ、主演の声を務めた片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、ヒロイン役の川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎湯浅政明監督が登壇。映画の“聴きどころ”ともいうべき片寄と川栄が二人で歌うシーンについて、川栄がまさかの本音を語った。

 6月21日から全国で公開される同作は、世界中で注目されるアニメーション監督・湯浅政明のオリジナル最新作だ。恋人の港(片寄涼太)を海の事故で失ったひな子(川栄李奈)は、ショックのあまり大好きな海を見ることもできなくなるほど憔悴。だが、ある時ひな子が二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に恋人の港が現れて…という物語だが、舞台挨拶で伊藤健太郎が客席に向かって「二人のラブラブがすごいんですよ!うらやましくなりますから!」と“吠えた”ように、甘く切ない青春ラブストーリーに仕上がっている。

 劇中には港とひな子が二人で歌うシーンも出てくる。これは片寄からの提案だったのだが、とびきり胸キュンなこのシーンが川栄は「本当にイヤだった」そうだ。

「だって、(片寄は)歌がうまいし、『キーがこう』とか言ってくださるんですけど、よくわからなくて…。しかも、“二度目まして”くらい(の面識)だったので、あまり会話もしていなかった状態で歌に入るっていうのが、すごく緊張してしまいました」(川栄)

 今やテレビや街中の広告などで見ない日はないほど活躍している川栄も、意外にも「歌に苦手意識がある」とのこと。彼女の恥じらう姿を想像しながらひな子の歌声を聴いてみるのも一興か!?

アサ芸プラス

「川栄李奈」をもっと詳しく

「川栄李奈」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ