『うちの執事が言うことには』King & Prince永瀬廉の“座長っぷり”に清原翔「“人を巻き込む力を持っている”」

5月18日(土)14時56分 映画ランドNEWS

映画『うちの執事が言うことには』公開記念舞台挨拶が18日、都内・丸の内TOEIにて行われ、キャストの永瀬廉(King & Prince)、清原翔神宮寺勇太(King & Prince)、優希美青、神尾楓珠、監督の久万真路が登壇した。


うちの執事が言うことには



シリーズ累計発行部数110万部を超える高里椎奈の大人気シリーズを、アイドルグループ・King & Princeの永瀬廉主演で実写映画化した『うちの執事が言うことには』が、5月17日(金)より劇場公開される。名門・烏丸家に降りかかる陰謀の謎を、永瀬扮する第27代当主・烏丸花穎が、新米執事たちとともに解き明かしていくさまが描かれる。


うちの執事が言うことには


ちょうど公開日の1年前に撮影が始まった本作。永瀬は「自分のアルバムを見ているような感じ。ある程度、いろんな部分が成長しているわけで、1年前に撮った作品を僕から観ると『ちょっと顔若いなぁ』と感じたり。楽しい気分になって、その時の思い出がプッと蘇るようです」と公開に喜び。映画初主演を務めたことに「経験のない中での初主演やったから、スタッフさん共演者の皆さん監督に助けられながらやってきました。人間の温かさを感じられる、人間っていいなと思えるような作品になったなと思います」と明かした。


うちの執事が言うことには


そんな永瀬の“座長っぷり”に清原が「主演だからというわけではなく、永瀬廉自体が“人を巻き込む力を持っている”なと思いましたね。現場に入ってくる僕らを…」と話すと、永瀬は「もう一回最初の言葉言ってくれへん?」と言い寄る。清原は再度「永瀬廉って“人を巻き込む力を持っている”なと!」とハニカミ。永瀬は「ニュースのトップでお願いします!」と嬉しそうにしていた。続く神宮寺は「初主演とは思えないくらい堂々としていて、廉が現場入りすると“華やか”になるんです。ここ太字でお願いします(笑)本当にそれが自然と出ているのが僕はすごいなと思います」と、“華やか”を強調しながら永瀬の座長っぷりを明かした。


うちの執事が言うことには


イベントでは、本作の印象的なシーンをキャスト陣が絵で表現する一幕が。キリッとした眉の絵を披露した神尾は「俺と優希美青ちゃんは兄妹役なんですが、唯一の共通点が“眉毛の濃さ”なんです!あと、翔くんが芝居している時にめっちゃ眉毛が動くんです!そこに感情が現れてる」と暴露。永瀬が「眉毛だけで感情を現す俳優さん?」とツッコミを入れると、清原は「この作品だけよ!それだけが気になっていて、(眉毛)全剃り考えたもん(笑)」と笑みをこぼしていた。


うちの執事が言うことには


また、5つの表情を描いた神宮寺は「これ全部僕です!いろんな僕の表情を(劇中で)観てもらいたい!右下は泣いてる、一個上にいくと笑顔、その下は含笑い、(右上は)考えてる時の顔かな?(左下は)ボーッとしてる」と話すと、永瀬は「これ全部宮寺!?(神宮寺ではなく)“全宮寺”勇太!?」とツッコミ、笑いをさらった。


一方、画伯・永瀬の作品に「犬が2匹いません!?」「これ何の(映画の)作品!?」とツッコミの嵐が。永瀬は「ペロの笑った顔とくしゃっとしてる顔。あと、神宮寺が僕とハグをするシーン。神宮寺がすごい照れてたから、(頬に)渦巻きのぐるぐるを描いたんです!僕は、どんと来いやの顔です」と明かす。神宮寺がすかさず「(2人とも)渦巻きじゃん!」と言うと、永瀬は「耳や!!」とツッコミ、仲睦まじい様子をのぞかせた。


映画『うちの執事が言うことには』は全国公開中


(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「執事」をもっと詳しく

「執事」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ