阿部寛、人生初ノーバン始球式! タイガースカラーの羽織にどよめき

5月17日(木)23時25分 マイナビニュース

俳優の阿部寛が17日、主演映画『のみとり侍』(5月18日公開)の公開を記念して、阪神vsDeNAナイター戦で初の始球式に挑んだ。

同作は、小松重男の短編集『蚤とり侍』の人気エピソードを鶴橋監督自ら再構築。江戸時代の江戸を舞台に、越後長岡藩のエリート侍・小林寛之進(阿部寛)が、たった一つの失言で左遷され猫の蚤とり業を行うことになるが、裏では女性に愛を届ける裏稼業に勤しむ、というストーリーだ。

阿部は同作の主人公・小林寛之進としてちょんまげ和装姿でマウンドに登場。羽織を脱いでタイガースカラー(黒と黄色の縦縞)の特注衣装がお目見えしたときには客席からどよめきが起こった
。また、投球は豪快なストレートがノーバンでキャッチャーのミットへ。球場は大きな拍手で包まれた。

劇中では寺島しのぶ演じるおみねに初の“のみとり業”で「下手くそ!」と罵られたが、「今回の投球は寺島さんにも『上出来だった』と言ってもらえると思います」と自身の投球を評価。「初の始球式を“野球の聖地”甲子園でやらしていただいて感無量です。必死のパッチでやるしかないと思って頑張りましたが、どうやって投げたか記憶になくて、撮影よりも今日の方が緊張しました」と感動を隠せない様子だった。さらに首位の広島カープを追いかける阪神タイガースに対して「シーズンもまだまだこれからだと思いますので、是非1位になってほしいです」と熱烈エールを送った。
○阿部寛コメント 

(甲子園球場の雰囲気を聞かれ)球場に来たのは20年ほど前の後楽園球場ぶりだったのですが、すごかったですね。想像を絶しました。始球式には爽やかな緊張感を持って挑めました。練習はさっき7、8球くらいで肩が痛くなってしまって……しかも全然届かなかったんですけど、本番では届いて良かったです。この用意して頂いた(タイガースカラーの)衣装を見た時、最初は派手だな〜と思いましたが、またの機会があれば着たいと思います(笑)。
明日公開の映画『のみとり侍』は、艶っぽいシーンもありますが、大笑いして頂ける作品になっています。作品を作られた鶴橋監督は『後妻業の女』という大阪の映画も作られていましたけれども、本作も凄く面白い作品になっていますので、是非劇場に笑いに来てください。

マイナビニュース

「阿部寛」をもっと詳しく

「阿部寛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ