フレームアームズ・ガールに最新作グライフェンが登場

5月18日(金)19時0分 マイナビニュース

コトブキヤが展開するオリジナルロボットのプラモデル「フレームアームズ」のスピンアウトシリーズ「フレームアームズ・ガール(FA:G)」より、「フレームアームズ・ガール グライフェン」(6,400円/税抜)が2018年10月に発売される。

「フレームアームズ・ガール(FA:G)」は、既存の「フレームアームズ」シリーズを『ガールズ&パンツァー』などでキャラクター原案を担当した島田フミカネ氏が美少女化を手がけ、新たなプラモデルとして展開。「フレームアームズ」の特徴である各部の複数の3mm径の穴とPVC製の手首により、膨大なM.S.Gのウェポンシリーズや「フレームアームズ」シリーズの武器や外装を使用することもできる。

「フレームアームズ・ガール グライフェンフレームアームズ・ガール」は、完全新規造形のフレームアームズ・ガール。フレームアームズ「グライフェン」の特徴である副腕を再現しつつ、大型ハンドを腕部にデザイン追加し、パワードスーツ型となる事により、より魅力的な機体に仕上げたとのこと。可変フレームアームズ「フレズヴェルク」と同様に変形ギミックを付加し、二脚ライドビークルに変形することが可能(ライドビークルは他のフレームアームズ・ガールも搭乗可能)。

そのほか、フレームアームズ「グライフェン」と同じデザインのクリアヘルメットが付属しており、専用の前髪パーツで頭部のラインを崩す事無く再現。素体状態でもハンドナイフ、ロケットランチャー、マシンガンを武装として使用可能。また、ベレー帽は着脱可能、素体の関節構造はフレズヴェルクを踏襲、胸部はフレームアームズ「グライフェン」デザインのメカパーツとネクタイとの選択式。手首は関節を含め、既存のフレームアームズ・ガールシリーズの手首と組換えが可能。既存M.S.Gシリーズ、フレームアームズシリーズの武装の併用が可能

また、可動区域は大型ハンドの指、股関節のスライド可動。手首は軸可動の球体関節を採用する事で表情豊かなポージングが可能となっている。

そして、付属パーツは、「通常顔正面向き」、「通常顔右向き」、「笑顔左向き」の3種顔パーツ、それぞれ4種の専用手首(グー、平手、パー、武器持ち手)、瞳などのデカール。

(C)KOTOBUKIYA / FAGirl Project

マイナビニュース

「最新作」をもっと詳しく

「最新作」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ