『なつぞら』藤木直人が驚いた、広瀬すずと松嶋菜々子の共通点

5月18日(土)7時45分 マイナビニュース

NHK連続テレビ小説100作目『なつぞら』(毎週月〜土曜8:00〜)で、広瀬すず演じるヒロイン・奥原なつの育ての父・柴田剛男役を好演している藤木直人。剛男は柴田家のマスオさんであり、養子ゆえに義父・泰樹(草刈正雄)にはなかなか頭が上がらない。そもそも泰樹が集めた富士子(松嶋菜々子)のお婿さん候補の1人で、それも他の男の“引き立て役”として連れてきたというトホホな事実も発覚。だが、富士子はその中から剛男を選び、2人は結婚。今も少し頼りないところもあるが、良き夫で良きパパでもある。

藤木直人といえば、言わずと知れたイケメン俳優で、アーティストとしても活動していて「天が二物を与えた男」だが、こういう気のいい平々凡々男役も絶妙にハマる。そんな藤木にインタビューし、北海道ロケの撮影秘話を聞いた。

——柴田家にとって農協問題は、大きかったですね。なつは剛男と泰樹のどちら側につくわけにもいかないですし。

どっちも正義ですから。実際に農協が機能することで、すごくメリットもあるけど、かたや泰樹さんには自分で道を切り開いてきたという正義もある。しかも、泰樹さんは絶対的な存在なので、剛男も負けないように、理論武装していきました。でも、いくら言っても、泰樹さんは聞いてもくれなかったです。

——無事に農協問題が解決して良かったですね。

結局自分で説得したわけじゃなくて、今回も他力本願ですが(苦笑)。もちろん解決してうれしい気持ちはあったんじゃないかと。農協の一員として、新しいことを進めていかなきゃいけないのに、障害となっているのが義理の父だったから、納得してもらってほっとしたという気持ちが大きかったと思います。

——広瀬さんとの共演シーンでの撮影裏話を教えてください。

スタッフの方が「朝ドラあるある」だとおっしゃっていましたが、家族が集まるのは、食事のシーンが多いんです。僕は年齢的なこともあり、あまり食べすぎないようにしているというか、何をどのタイミングで食べるかと逆算してから食べるんですが、広瀬さんは全然気にせずにバクバク食べるんです! その果敢に攻めてくる姿がすごくいいなと思います。

松嶋さんも食事のシーンはしっかり食べます。(料理監修の)住川(啓子)先生の作ってくださるお料理がおいしいということもありますが、撮影が終わっても、残って食べるくらいの感じです。なつと富士子は義理の親子でもありますが、食欲が旺盛な点は似ているところがあるのかなと思いました。

なつはやがて東京へ行ってしまうけど、たまに柴田家に帰ってきます。その撮影時に、広瀬さんが「柴田家に来ると落ち着く」と言ってくれていたそうなので、それは何よりもうれしかったです。

——北海道ロケのオフの日の思い出を聞かせてください。

魅力を語るほど、遊びに行けてないんですが、豚丼を食べに行ったりしました。店によって味つけが違いますが、僕が食べたのは肉の風味を活かしたもので、そのおいしさにびっくりしました。空港で売っていたので、早速、家族にと真空パックを買って帰りました。

また、休みの日にワカサギ釣りをして、その場で料理をしてもらいましたが、とても美味しくて。そこで缶ビールを飲んだのですが、松嶋さんもいて「人生で飲んだなかで一番美味しい缶ビール!」と感動されていました。確かに本当においしくて、氷点下で氷の上に置いてあるビールだから、いつまでたってもぬるくならないんです。あれは本当に贅沢な時間でした。でも、風がなかったから良かったけど、あれで寒くて風があったら苦行だったかなと。

——この夏は、CDデビュー20周年記念ライブツアー「Naohito Fujiki Live Tour ver12.0 〜20th-Grown Boy-みんなで叫ぼう!LOVE!!tour〜」でも北海道を回られるそうですね。

北海道の夏は短いということで、『なつぞら』夏の北海道ロケは早めの6月にクランクインしました。でも、すごく天気が悪くて、雨も多かったので、そういう日は牛舎のシーンで乗り切ったりしていました。だから、夏にライブツアーで来る時は、本物の夏空を観たいです!

(C)NHK

■プロフィール
藤木直人(ふじき・なおひと)
1972年7月19日生まれ、千葉県出身。1995年に映画『花より男子』で俳優デビュー。ドラマはNHK連続テレビ小説『あすか』(19)、フジテレビ『ナースのお仕事』や日本テレビ『ホタルノヒカリ』シリーズ(07〜)、フジテレビ『ラスト・シンデレラ』(13)、フジテレビ『グッド・ドクター』(18)など多くの話題作に出演。また、日本テレビ『おしゃれイズム』(毎週日曜22:00〜)や、JFN系列ラジオ『TOYOTA Athlete Beat』(毎週土曜10:00〜)ではメインパーソナリティを務めるなど、活躍は多岐にわたる。アーティストとしては1999年にCDデビュー。音楽デビュー20周年となる今年、20周年記念オリジナルアルバム『20th -Grown Boy-』を6月19日にリリース。そして同年7月には全国ライブツアー「Naohito Fujiki Live Tour ver12.0 〜20th-Grown Boy-みんなで叫ぼう!LOVE!!tour〜」を開催予定。

マイナビニュース

「なつぞら」をもっと詳しく

「なつぞら」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ