トム・クルーズ、「トップガン」出演を渋っていた

5月18日(火)9時23分 ナリナリドットコム

ジェリー・ブラッカイマー(77歳)によると、映画「トップガン」に出演するようトム・クルーズを説得するのは「簡単ではなかった」そうだ。

1986年の公開当時、世界的な大ヒットを収めた同作品のプロデューサーを務めたブラッカイマーによると、トムはパイロットのマーベリックことピート・ミッチェル役を演じることに関し、なかなか首を縦に振らなかったという。

ブラッカイマーは、バラエティのインタビューで、トムの出演を確保するのは難しかったかと質問され、こう当時を振り返っている。
「簡単ではなかったですね。私達は『卒業白書』を観てトムを望んだのですが、彼は良い返事をなかなかくれませんでした」
「私達は、カリフォルニア州エル・セントロの海軍基地で、トムが(アクロバット飛行隊である)ブルーエンジェルスと一緒に飛行機に乗る機会を作ったんです。彼はバイクに乗ってやってきました。リドリー・スコットの『レジェンド/光と闇の伝説』を終わったばかりだったので、長髪をポニーテールにしていましたよ。彼らはトムを一目見て、このヒッピーを驚かせてやろうって思ったようです」
そしてアクロバット飛行の数々を体験したトムは、すぐに出演を決心したという。
「トムは着陸後、近くの電話ブースから僕に電話をかけてきて『僕はこの映画を作る。凄く気に入った』って言ってくれましたよ。彼自身、素晴らしい飛行士となりましたね。彼はどんな飛行機でも操縦できるんです」
「トップガン」は、35年前の作品であるにも関わらず現在でも人気を保っており、年内には続編「トップガン マーヴェリック」も公開予定となっている。

ナリナリドットコム

「トム・クルーズ」をもっと詳しく

「トム・クルーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ