キンプリ永瀬廉メガネ御曹司で初主演 神宮寺と映画

5月18日(金)4時59分 日刊スポーツ

「うちの執事が言うことには」で映画初主演するKing&Prince永瀬廉(左)と映画初出演となる神宮寺勇太

写真を拡大


 King&Prince永瀬廉(19)が、来年公開の映画「うちの執事が言うことには」(久万真路監督)で映画初主演を果たすことが17日、分かった。
 14年から刊行されている同名の小説シリーズが原作。英国帰りのメガネ男子で、社交界の名門一家の御曹司、烏丸花穎(からすま・かえい)役を演じる。「1シーン1カット、全力で挑んでいきたい」と話した。また、King&Princeの神宮寺勇太(20)が、烏丸に近づくミステリアスな名家の御曹司、赤目刻弥(あかめ・ときや)役で出演することも決まった。

日刊スポーツ

「メガネ」をもっと詳しく

「メガネ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ