西城秀樹の訃報 NHKで「バーモント」CM放送に驚きの声も

5月18日(金)18時58分 STANDBY


歌手の西城秀樹さんが5月16日、急性心不全により63歳の若さで亡くなったことが17日わかった。訃報に接して西城さんを惜しむ声があふれる中、ネットでは各局の報道が注目されている。

西城さんは2003年と2011年に脳梗塞を発症。右半身麻痺の後遺症と言語障害と闘いながらリハビリを続けていた矢先だった。デビュー45周年となった昨年10月には、不自由な体ながら懸命にコンサートで熱唱。舞台に立ち、歌うことにこだわりをみせていた。

1972年に「恋する季節」でデビュー以降、「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A.」「ブーメランストリート」「ギャランドゥ」など昭和歌謡を代表するヒット曲を連発。郷ひろみ野口五郎と並び「新御三家」と呼ばれ、国民的人気を誇った。

そんな西城さんは、ハウス食品の「バーモントカレー」のCMで発した「ヒデキ、感激!」のフレーズでもあまりにも有名。NHKのニュースでは訃報を伝えるとともに、このCMの映像を流した。Twitterでは、

“まさかNHKでこの映像が流される日が来るとは・・・。”
“NHKにニュースでハウス・バーモントカレーのCMを流させた西城秀樹の偉大さよ。”
“NHKが夜7時のニュースで「ハウスバーモントカレー」のCMをロゴや商品名は勿論のこと「ひできかんげき」まで全部放送してくれた”

と企業名や商品名などを出さない方針で知られるNHKが、1973年から1985年まで出演したCMの一部を加工なしでそのまま流したことに、驚きの声が相次いだ。さらに、

“ニュース番組で在りし日の西城秀樹の映像が次々と流れるのを見て、ジワジワと寂しい気持ちになる。”
“西城秀樹が亡くなったニュースを見て凄く悲しい。改めて過去の映像を見て凄い人だったんだなと思った”

と過去の映像を見て感慨にふける声もあった。また、CMをめぐっては、ハウス食品が西城さんの死去を受け、「CMは大変好評をいただき、そのお陰もあって今日カレーライスが国民食とまで言われ、皆様に愛されるようになりましたものと大変深く感謝しております」とコメントを発表している。

芸能界はもちろんのこと、ドンピシャ世代ではないであろうネットユーザーたちまでも、西城さんに対し追悼の意を表している。西城さんの偉大さが、改めて世に知らしめられることとなった。
(山中一生)

■関連リンク
西城秀樹 オフィシャルサイト
http://www.earth-corp.co.jp/HIDEKI/

「大変お世話になりました」ハウス食品グループ本社 カレー「ヒデキ、感激」で国民食に
https://www.sankei.com/entertainments/news/180517/ent1805170014-n1.html

STANDBY

「西城秀樹」をもっと詳しく

「西城秀樹」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ