カンニング竹山が高熱でダウン 点滴姿にお見舞いコメント続々

5月18日(水)17時0分 Techinsight

病床のカンニング竹山(出典:https://twitter.com/takeyama0330)

写真を拡大


カンニング竹山が急性喉頭炎による高熱から半日間入院したことをツイッターで明かした。まだ熱が残っているので仕事は休むという。彼が投稿した病院のベッドで寝る姿を見て「お大事に」と心配するコメントが多数寄せられている。

5月18日、『カンニング竹山(takeyama0330)ツイッター』にて「まだ熱があるので本日は仕事休みます! 関係者各位どうもすみません!」とツイートした竹山。実は前日から風邪で熱があり、薬を飲んで新幹線の中で毛布をかぶって寝たところ「尋常じゃないくらい汗びしょ…」とつぶやいていた。

入院は半日で、熱は下がり切れないもののインフルエンザではないと診断されたそうだ。周囲に感染する心配がなく「良かった。明日から働きます。ではまた寝ます」とツイートを終えている。

「働きすぎですよ。ゆっくり休んで下さい」「お大事に。大変な時でもお仕事を考えておられる姿に脱帽です」などのお見舞いとともに、彼が『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)の水曜日パネラーを務めていることから「今日は安静にしていっぱい寝て下さいね。今、竹山さんのピンチヒッターの小島よしおさん、頑張ってますよ〜」「お大事に。水曜日のグッディは、竹山さんじゃなきゃだめですよ」といったコメントも届いた。

カンニング竹山自身は翌日から復帰する気満々だが、裸になる仕事も少なくないだけに体調には十分注意して欲しい。

出典:https://twitter.com/takeyama0330
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

「カンニング竹山」をもっと詳しく

「カンニング竹山」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ