ももクロ玉井詩織 “ゆかりの地”太宰府市で開催『室町将軍』特別展オフィシャルサポーターに就任

5月18日(土)18時50分 Techinsight

令和ゆかりの地・坂本八幡宮を訪れた玉井詩織(画像は『玉井詩織 ももいろクローバーZ 2019年5月1日付Instagram「令和もよろしくお願い致します」』のスクリーンショット)

写真を拡大

ももいろクローバーZ玉井詩織が福岡・太宰府市の九州国立博物館で7月13日(土)〜9月1日(日)に開催される特別展『室町将軍 戦乱と美の足利十五代』のオフィシャルサポーターに就任した。ももクロは2015年10月31日に大宰府政庁跡でライブイベント『水城・大野城築造 竈門神社創建1350年 九州国立博物館 開館10周年 日本遺産認定記念 ももクロ男祭り2015 in 太宰府』を開催している。

また、今年はももクロ結成10周年を記念した展覧会『サイリウムが照らす未来』(通称ももクロ展)が福岡市・博多阪急で5月7日まで開催され、初日には玉井詩織が来場して見どころをアピールするなど、福岡とは何かと縁があるようだ。

そんな彼女は5月1日、インスタで「令和になる前に坂本八幡宮へ。パワーを頂きました! 頑張るぞぃ」と太宰府市にある令和ゆかりの地・坂本八幡宮で元号「令和」を手にする記念写真を投稿していた。『室町将軍』特別展のオフィシャルサポーターになったことで、ますます歴史に興味を持つかもしれない。

画像は『玉井詩織 ももいろクローバーZ 2019年5月1日付Instagram「令和もよろしくお願い致します」』のスクリーンショット

Techinsight

「ももクロ」をもっと詳しく

「ももクロ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ