『光る君へ』定子が短刀で… ネット悲鳴「音が生々しい」「高畑充希の迫力すごっ」

2024年5月19日(日)20時45分 オリコン

大河ドラマ『光る君へ』の場面カット(C)NHK

写真を拡大

 俳優の吉高由里子が主演を務める、大河ドラマ『光る君へ』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第20回「望みの先に」が、19日に放送された。

 第20回は、為時(岸谷五朗)が淡路守に任命され、惟規(高杉真宙)、いと(清川清順)も大喜び。しかしまひろ(吉高由里子)は、宋の言葉を解する父は越前守の方が適任だと考え…。一方内裏では、花山院(本郷奏多)の牛車に矢を放った一件で、一条天皇(塩野瑛久)が伊周(三浦翔平)と隆家(竜星涼)に厳しい処分を命じた。さらに、定子(高畑充希)は兄弟の不祥事により、内裏をでることを命じられる。絶望のふちに立った定子は…というストーリーだった。

 「どうか、兄と弟の罰を軽くしてくださいませ。お情けを…」と土下座をして懇願した定子。謀反の罪は死罪ではあるが、一条天皇は2人を遠流に処すことに。しかし、伊周はそれに応じず、屋敷に検非違使が押し入る事態となった。

 定子は一瞬の隙を付いて検非違使の短刀を奪い、「寄るな!」と自らの首元に突きつけ、髪をおろした。変装して忍び込んだまひろ&ききょうも驚きの表情を浮かべ、視聴者からも「中宮様が…」「高畑充希の迫力すごっ」「かわいそう」「音が生々しい」「一瞬、自害したかと思った」などの声が寄せられている。

 主人公・紫式部/まひろは、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書きあげた女性。「光源氏」の恋愛ストーリーの原動力は秘めた情熱と想像力、そしてひとりの男性への想い。その男性の名は藤原道長。変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の愛の物語だ。脚本は大石静氏が務める。

オリコン

「光る君へ」をもっと詳しく

「光る君へ」のニュース

「光る君へ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ