鈴木達也、最終4回戦トップ締め 1位通過確定「この波に乗ってセミファイナルも」/麻雀・RTDトーナメント2019 グループA

5月20日(月)0時27分 AbemaTIMES

 「RTDトーナメント2019」グループA 3・4回戦(全4戦)が5月19日に放送され、鈴木達也(協会)が4回戦で3勝目を挙げ、1位通過でセミファイナル(準決勝)進出を決めた。

 対局者は起家から小林剛(麻将連合)、朝倉ゆかり(協会)、猿川真寿(連盟)、鈴木達也(協会)。

 ポイント状況から鈴木vs猿川のトップ通過対決、朝倉vs小林の3位通過対決となった最終戦。鈴木はセミファイナル進出確定となるグループリーグ1位通過を目指して対局に臨んでいた。

 鈴木は東1局からいきなり猿川とマッチアップ。13巡目に先制リーチを宣言したが、猿川も15巡目に追っかけリーチ。軍配は鈴木に上がり、リーチ・赤・ドラ2で8000点(+1000点)を猿川から直撃した。しかしすぐさま猿川から猛追され、東4局3本場では、猿川の満貫ツモを親かぶりして2着目に後退した。

 一歩も譲らないつばぜり合いの中、鈴木は南2局で4000点、さらに南4局2本場でリーチ・ドラ2で7700点(+600点、供託2000点)をアガって逆転トップ。トップ3回、3着1回でトータル1位通過を決め「この波に乗ってセミファイナルも頑張ります」と決意を新たにした。

 解説の鈴木たろう(協会)も「達也の麻雀は格好いい。枝の先まで見る構想力だったり、イメージ力だったり、アガリに結びつける嗅覚が素晴らしい」とその打ち筋を賞賛した。

 「記憶に残ってもらえるような麻雀をしたい」とテーマを掲げる“卓上のファンタジスタ”。セミファイナルでも極上のドラマに期待だ。【福山純生(雀聖アワー)】

【グループA 4回戦結果】

1位 鈴木達也(協会) 4万3000点 +63.0
2位 猿川真寿(連盟) 2万7500点 +7.5
3位 朝倉ゆかり(協会) 1万6600点 ▲23.4
4位 小林剛(麻将連合) 1万2900点 ▲47.1

【グループA 最終成績】

1位 鈴木達也(協会) +170.9(4/4)/準決勝A進出
2位 猿川真寿(連盟) +108.7(4/4)/準々決勝A進出
3位 朝倉ゆかり(協会) ▲126.2(4/4)/準々決勝B進出
4位 小林剛(麻将連合) ▲153.4(4/4)/敗退

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆RTDトーナメント2019 2016年から3年に渡り行われてきた「RTDリーグ」から、トーナメント方式に変更。昨年行われた「RTDリーグ2018」の予選リーグ(WHITE・BLACK)の上位各6人、推薦枠として2人の計14人に加え、予選リーグ7位の2人と新規参戦2人の4人による入れ替え戦(サバイバルマッチ)から上位2人が本戦に進み、計16人で行われる。16人はA〜Dの4グループに分かれ、半荘4回戦で対戦。トータル2位が準々決勝A(上位3人が準決勝進出)、同3位が準々決勝B(上位1人が準決勝進出)へ、同1位は準決勝(上位4人が決勝進出)に進む。主なルールは一発・裏ドラ・赤(各種1枚)あり、全自動卓による自動配牌のMリーグルール。

(C)AbemaTV
 

▶【見逃し視聴】RTD TOURNAMENT2019 Group A 3回戦/4回戦

AbemaTIMES

「RTD」をもっと詳しく

「RTD」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ