BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

宮崎駿監督、「伝統芸」の引退撤回 検索候補に「勘弁してください」

J-CASTニュース5月20日(土)14時57分
画像:(画像はスタジオジブリ公式サイトより)
写真を拡大
(画像はスタジオジブリ公式サイトより)

長編アニメーション映画の制作から引退することを表明していたアニメ監督の宮崎駿氏(76)が、「引退撤回」を決断し、新作長編アニメの制作を開始した。スタジオジブリの公式サイトで2017年5月19日、発表した。

宮崎監督の「引退撤回」は過去にも繰り返されており、ネット上で「もはや伝統芸だな」との声が上がるほか、ジブリのサイトでも「今度こそ、本当に最後の監督作品になるでしょう」と、「今度こそ、本当に」と強調する事態になっている。



「祝やめるやめる詐欺!」




今回の新作制作にあたり、公式サイトでは新人スタッフの募集を開始も発表した。「期間は3年間です」などとしている。



ネット上では、引退撤回に対し、



「宮崎駿監督の引退撤回は最高」

「祝やめるやめる詐欺! 宮崎駿監督、長編映画制作へ。戻って来るのはわかってました」

と、引退撤回を揶揄しながらも新作発表を歓迎する声が上がる一方で、


「宮崎駿監督の引退撤回は、もはや伝統芸だな」

と切り捨てるような声も上がっている。



5月20日現在、ヤフーの検索欄に、「宮崎駿」と入力すると、検索候補に


「宮崎駿 最後」「宮崎駿 新作準備」

などと上がる中、4番目には


「宮崎駿 勘弁してください」

とうんざりしたような「候補」が見受けられた。



過去の引退宣言については、その表現方法や公表方法(式典での本人発言か事務所の発表か、など)の違いはあるが、今回の「引退撤回」につながる(「風立ちぬ」が公開された)2013年時の引退発表時点で、少なくとも4回(1997年、2001年、08年、13年)、04年公開の「ハウルの動く城」をめぐる「最高のやめどき」発言を含めれば5回の「引退発言」があったと受け止められており、今回の撤回発表で「引退宣言、引退撤回」が5度繰り返されたことになる。



なお、短編については、宮崎監督が「毛虫のボロ」に取り組むことが2017年2月に公表されていた。

Copyright(C) 2006-2017 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「引退」をもっと詳しく

注目ニュース
稲村亜美、新幹線“出待ち軍団”に鬼ギレ ナリナリドットコム5月29日(月)4時13分
“神スイング”や始球式でおなじみのタレント・稲村亜美(21歳)が、5月26日に放送されたバラエティ番組「必殺!バカリズム地獄」(Abema…[ 記事全文 ]
老化アイドル・城島茂にさらなる異変!?「病院へ行って」と言われた症状とは アサ芸プラス5月28日(日)17時58分
近藤真彦52歳、東山紀之50歳……。意外と年を重ねているのに、見た目が若々しいのがジャニーズ事務所のタレントだが、そんな中でも確実に「老い…[ 記事全文 ]
SPEED・上原多香子の熱愛バッシングに絶句!「死んだ旦那に失礼」「女は切り替え早いから」!? messy5月28日(日)19時0分
26日発売の「FRIDAY」(講談社)にてSPEEDの上原多香子(34)と元超新塾・ドラゴン高山こと劇団・BuzzFestTheaterの…[ 記事全文 ]
ブルゾンちえみ「with B」の素顔を暴露&ダメ出し「ちょっと嫌い」 モデルプレス5月29日(月)10時1分
【ブリリアン/モデルプレス=5月29日】28日放送の日本テレビ系トークバラエティ番組「行列のできる法律相談所」(毎週日曜よる9時〜)にブル…[ 記事全文 ]
春風亭昇太も困惑する愛弟子・昇吉の「八百長疑惑」 NEWSポストセブン5月28日(日)16時0分
『笑点』(日本テレビ系)の司会に抜擢されて以来、NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』や『小さな巨人』(TBS系)に出演するなど、落語だけでな…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア