乃木坂46生田絵梨花、中学生以来の『ネプリーグ』 長澤まさみらと対決

5月20日(月)5時0分 マイナビニュース

女優の長澤まさみ率いる「映画『コンフィデンスマンJP』チーム」と、アイドルグループ「乃木坂46チーム」が、きょう20日に放送されるフジテレビ系バラエティ番組『ネプリーグ』(毎週月曜19:00〜)で対決する。

「映画『コンフィデンスマンJP』チーム」は、長澤のほか、東出昌大小日向文世が登場。「乃木坂46チーム」は、前回出演時では中学生だった生田絵梨花が7年ぶりに参戦、秋元真夏、堀未央奈、与田祐希が初参戦となる。

長澤は、乃木坂46に「負けません!」とライバル視。常識的な日本語に関する問題に挑む「日本語ツアーズバギー」には「冷静に考えれば割と簡単」と自分に言い聞かせるものの、国語の教科書で絶対に見かける“あの人物”の名前の問題で大パニック。世間一般のアンケート結果などさまざまなモノの割合を予想する「パーセントバルーン」では「最近(世間の常識から)ずれてきている」と自信なさげにこぼすが…。

収録を終えた生田は「7年前に参加した時は中学生だったんですけど、今は大人として常識問題にどこまで答えられるのかという緊張がありました。メンバー同士でかばい合いながら、チームワーク良くできた感じがします」と感想。長澤から「落ち着いているチーム」と言われていたが、秋元は「逆に焦りすぎてて。『みんな分かるかな?大丈夫かな?冷静にならなきゃ』というのが、かえって落ち着いて見えたのかなと思います。心の中はザワザワでした(笑)」と明かした。

与田は「『ネプリーグ』は乃木坂46に入る前から、家族であーだこーだ言いながら見ていた番組でした。出演するとなるとすごい緊張しちゃって、“高校受験に行く”みたいなテンションでした(笑)。めっちゃ緊張して、ドッキドキだったんですけど、ホリケン(堀内健)さんをはじめ、先輩たちに囲まれて、心強い気持ちで臨めました」といい、堀も「『ネプリーグ』はずっとテレビで見ていました。出演が決まった時に家族に報告したら、家族に大心配されて…(笑)“頑張らなきゃ”と思っていました。実際にやってみると、難しい問題が多くて。アイドルなのに本番に弱いってダメだなと今日、挫折しかけました(笑)」と振り返る。

そんな4人にも最も常識料のあるメンバーを聞くと、生田、与田、堀は、そろって秋元を指名。生田が「モニタールームにいる時、相手チームの問題まで当てていました。普段も、私たち3人がちょっととぼけたことを言っていると、正しく突っ込んでくれることが多いので(笑)。結構今日も頼りにしていました」と報告すると、秋元は「うれしいですね。クイズ番組を見るのは好きなので、役立ってよかったんですけど、『日本語ツアーズバギー』は本当に悔しかったです!! さっきからそればっかりフラッシュバックしちゃって。夢に出てきそうなぐらい(笑)」と吐露していた。

(C)フジテレビ

マイナビニュース

「乃木坂46」をもっと詳しく

「乃木坂46」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ