田中圭の優しすぎる姿に視聴者涙 熱いハグにも反響<「あなたの番です」第6話>

5月20日(月)16時22分 モデルプレス

(左から)原田知世、田中圭、袴田吉彦/「あなたの番です」第6話より(C)日本テレビ

写真を拡大

田中圭/モデルプレス=5月20日】女優の原田知世と俳優の田中圭がW主演を務める日本テレビ系日曜ドラマ「あなたの番です」(毎週日曜よる10時30分〜)の第6話が19日、放送され、田中演じる明るくて天真爛漫な“犬コロ系”夫・翔太の優しすぎる言葉に注目が集まっている。

◆原田知世&田中圭がW主演「あなたの番です」

本作は、同局の連ドラは「ストレートニュース」以来19年ぶり、地上波民放連続ドラマの出演は、2003年TBS日曜劇場「末っ子長男姉三人」以来16年ぶりとなる原田と、昨年、「おっさんずラブ」で東京ドラマアワード主演男優賞、2019年エランドール賞を受賞するなど今一番旬な実力派俳優・田中のW主演で送る、都内のマンションで起こる”交換殺人ゲーム”を描くノンストップ・ミステリー。2人が演じるのは、都内のマンションに引っ越してきた“年の差新婚夫婦”で、幸せいっぱいの生活から一転、住民たちの“殺人ゲーム”に巻き込まれていく…という役どころだ。

企画・原案は、一昨年放送され、話題となった日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」を手がけた秋元康氏が担当する。

◆翔太(田中圭)の熱い言葉

第5話では、久住(袴田吉彦)が交換殺人ゲームで名前を書いた俳優の袴田吉彦が殺害され、久住は菜奈(原田)に自分の引いた紙には「細川朝男」と書いてあったことを明かした。

第6話で菜奈は細川の名を書いたのは自分であると告げ、その場に翔太も現れたが、話を続ける。菜奈は翔太の担当する客でもある細川は自分の夫だと打ち明けた。細川が離婚届を提出してくれない、と聞くと翔太は怒りもせず「そんな大事なことで悩んでるのに気づいてあげられなくてごめん!」と謝り、菜奈も何度も頭を下げた。

翌朝、翔太は急いで出勤。職場に着くと、細川のもとに詰め寄り「別れてください!」と直球で告げた。

それに対し、細川が「殴るか?殴ってクビになるか?」と煽ると翔太は細川を強く抱きしめ、「俺は菜奈ちゃんの全てを愛してますから。つまり菜奈ちゃんがアニキ(細川)と過ごした日々のことも愛してますから。菜奈ちゃんを愛してるって言葉の意味にはアニキを愛してるって意味も含まれてますからね!だから俺が守りますから!」とさらに強く抱きしめたのだった。

◆翔太の優しすぎる言葉に反響

SNS上では翔太の優しさに「こんな旦那が欲しい…」「田中圭の安定の可愛さ」「いい人過ぎてつらい」「ハグの仕方までかっこいい」などたくさんの反響が集まっている。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「田中圭」をもっと詳しく

「田中圭」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ