BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

渡辺直美、ブルゾン、イモト…女芸人の“女優起用”多発の裏側

オリコン5月20日(土)8時40分
画像:“女優”としても活躍する(向かって左より)イモトアヤコ、渡辺直美
写真を拡大
“女優”としても活躍する(向かって左より)イモトアヤコ、渡辺直美
 人気の女性芸人・渡辺直美が、7月スタートの連続ドラマ『カンナさーん!』(毎週火曜 後10時〜 TBS系)で、ゴールデン・プライム帯の連ドラ初主演をすることが発表された。昨今を見ると、現在放送中の『人は見た目が100%』(フジテレビ系)には、ブレイク中のブルゾンちえみが出演。また人気連ドラ『家売るオンナ』(日本テレビ系)のスペシャル版(5月26日放送)にも、イモトアヤコが前作から連投を果たす。ここに来て女芸人が“女優”として起用されることが頻繁に見受けられるが、その裏側には何があるのだろうか?

■泉ピン子をはじめ、演技力も認められたコメディエンヌたち

 芸人がドラマや映画に出演するのはもはや当たり前になっている。今や世界的俳優ともなっているビートたけしや、『男女7人夏物語』(86年)などで一世を風靡した明石家さんま。最近に目を向けても、嵐・松本潤主演『99.9−刑事専門弁護士−』(16年)に出演したラーメンズ・片桐仁のほか、浜田雅功や板尾創路、田中直樹、宮迫博之、原田泰造、塚地武雅、児嶋一哉、徳井義実と挙げればキリがない。

 さらに昨今は女芸人の女優起用も増えており、朝ドラ『あさが来た』(16年)の友近をはじめ、『梅ちゃん先生』(12年)の白鳥久美子、馬場園梓、青木さやか、山崎静代、近藤春菜、オカリナなどもドラマに出演し、“様々な意味で”ネットを騒がせている。

 この流れの元祖的存在として、まず名前が挙がるのが泉ピン子だろう。泉は三門マリ子という芸名で活躍していた歌謡漫談家で、現在は名女優として不動の地位を確立。ほか『第18回ファンタジア国際映画賞最優秀女優賞』を受賞した大島美幸、映画『フラガール』(06年)でアカデミー賞新人俳優賞に選ばれた山崎静代、名脚本家・中園ミホに絶賛された近藤春菜、舞台や映画でも活躍している鳥居みゆきも演技の評価は高い。

■イモトアヤコから見る、女芸人が女優として成功する理由

 女芸人が女優として成功するには何が必要なのか。これについて、現場主義のメディア研究家・衣輪晋一氏は、「まずは演技力、それと視聴者や現場から愛されているかどうか。あとはドラマになじめるかどうか…芸人特有の“前に出る”ポテンシャルを抑える自制心も重要」と三要素を挙げた。

 「イモトさんは分かりやすい例。彼女は青木さやかさんに憧れて芸能界入りした方で、女性からも嫌われず、幅広い年代に愛されています。また『家売る〜』では、ドラマへのなじみ具合に視聴者からも絶賛の声が。制作側で言えば泉ピン子さんも、体を張った芸人活動をする彼女を気にされていたそう。『99年の愛〜JAPANESE AMERICANS』(TBS系)で、泉さんの若い頃を演じられたのも、泉さんの鶴の一声があったからだとか。三谷幸喜さんの舞台で共演した竹内結子さん、草刈正雄さんなど、仕事で関わった多くの人から愛されているのもポイントでしょう」(衣輪氏)

 ほか挙げられるのは、普段のキャラとのギャップ。女優・イモトの“脱・太眉”をはじめ、ブルゾンは、濃いメイクからナチュラルメイクに変えて視聴者に新鮮な一面を見せた。コントでキャラになりきる力が演技力に繋がることもある(友近など)。

 また『カンナさーん!』は、渡辺の今回の役柄がデザイナーであり、インスタ女王としてファッションブランドをディレクションしている彼女と設定がかぶっている。そして原作コミックのキャラのルックスは渡辺にそっくり。渡辺も「私のことを書いているのかな!?」と驚くほどそっくりであったと話しており、ここにも期待はかかる。

■女芸人を“飛び道具”的に女優として起用、話題性も重要な要素の一つ

 「もちろん、渡辺さんら女芸人の女優起用を、すべての視聴者が好意的に見ているわけではありません。ドラマや映画というジャンルにおいて、女芸人が“門外漢”のイメージは視聴者に根強くあります。またトピックスとしての話題性に頼らざるをえないドラマ制作現場の内情も、今の視聴者には透けて見えている。ですが、良くも悪くも話題になることによって、視聴者はその作品の存在を知れる。プロデューサーに話を伺っても『作っても目に触れなければ意味がない。ドラマ制作と広報は等価に考える』と話す方が少なからずおり、この戦略は視聴率低迷の昨今、当たり前の企業努力なのです」(衣輪氏)

 同氏はタモリが『笑っていいとも!』で名を馳せる以前、NHKドラマ『詐欺師』(80年)に俳優として出演し、ベッドシーンで話題になったことを挙げ、「テレビドラマは“テレビショー”。“ショー”なので、そもそもが、話題性のある人やものを視聴者に送り届けるジャンル。原点に立ち返って考えるなら、話題の女芸人を飛び道具的に女優として出演させるのも、特に奇をてらった流れではない。要は面白ければ何も問題がない」と自説を語る。

 渡辺直美はこの新たなチャレンジでテレビ界に爪痕を残すことができるのか。多様性と話題性、さらに“面白さ”も兼ね備えたテレビドラマが今後、もっと生まれてくることに期待したい。

(文:中野ナガ)

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
渡辺直美のまとめ写真 芸人のまとめ写真 女芸人のまとめ写真 女優のまとめ写真

「渡辺直美」をもっと詳しく

注目ニュース
田中聖、意味深「獄中ツイート」 「午後も頑張りましょう」 J-CASTニュース5月26日(金)19時43分
2017年5月25日、元KATUNメンバーの田中聖容疑者(31)が大麻取締法違反の疑いで24日に現行犯逮捕されたことが報じられるなか、田中…[ 記事全文 ]
NHK武田真一アナ、阿部渉アナが局次長級に昇格 日刊スポーツ5月26日(金)18時47分
NHKは26日、管理職の人事異動を発表した。「クローズアップ現代+」のキャスター武田真一アナ(49)と「ごごナマ」に出演する阿部渉アナ(4…[ 記事全文 ]
有吉弘行の元相方がユーチューバーデビュー、「ついにここまで…」と酷評の嵐 アサ芸プラス5月26日(金)9時59分
「進め!電波少年」のユーラシア大陸横断ヒッチハイクで知られる猿岩石の元メンバー・森脇和成がユーチューバーデビューした。[ 記事全文 ]
橋本マナミ、セクシー過ぎるキャディ姿に反響「集中できない」 クランクイン!5月26日(金)19時30分
女優・タレントの橋本マナミが、25日に自身のインスタグラムを更新。ゴルフ場のグリーン上で、片膝を付いたセクシーなキャディ姿を披露し、反響を…[ 記事全文 ]
沙也加披露宴に滞在10分のふなっしー ギャラは100万円の強気 女性自身5月26日(金)16時0分
「以前からふなっしーの大ファンを公言していた沙也加さんがぜひ、ということで呼んだようです。でも、ふなっしーは会場入りしてわずか10分で帰っ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア