西島秀俊、柴咲コウの仏語に驚がく「相当努力する方」 クランクイン半年前からレッスン

2024年5月20日(月)18時21分 オリコン

柴咲コウの(右)仏語に驚がくした西島秀俊(左) (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 俳優の柴咲コウ西島秀俊が20日、都内で行われた日仏共同製作映画『蛇の道』(6月14日公開)の完成披露試写会舞台あいさつに登壇。西島が、柴咲のフランス語の実力を絶賛した。

 今作は、1998年に日本で劇場公開された黒沢清監督の傑作サスペンス『蛇の道』を、フランスの映画制作会社CINEFRANCE STUDIOS(シネフランス・スタジオ)とKADOKAWAによる日仏共同製作でセルフリメイク。全編フランスロケ、フランス語で撮影を敢行した。

 西島は、柴咲について「最初からスタッフの方とフランス語で話していて。話せる方だと思っていたら、この作品のために勉強したと聞いて、相当努力する方だと思いました」と称賛。「せりふもナチュラルに話していて、初日には現場になじんでいて」と驚きが隠せない様子だった。

 柴咲は「フランス語話せる人みたいに思われちゃうから。もうクランクアップから1年たったから忘れちゃった」とタジタジ。クランクイン半年前から勉強していたそうで「ちょっとずつレッスンを始め、3ヶ月前にあさり始めてものすごく集中して取り組んでいたという形です。せりふに特化した練習と言うかたちです」と明かし、「聞き心地悪いフランス語はいやだったので、ループして重ねていくしかないなと思いました」と“俳優魂”をのぞかせた。

 イベントには、青木崇高、黒沢清監督も登壇した。

オリコン

「西島秀俊」をもっと詳しく

「西島秀俊」のニュース

「西島秀俊」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ