「変人」が誉め言葉の京都大学 山極総長はゴリラ世界に留学

5月20日(月)7時0分 NEWSポストセブン

霊長類の研究を専門とする京大の山極総長

写真を拡大

 官僚的なイメージが伴う東大に対し、全国から“奇人”が集うユニークさで知られる京都大学。学生以上に個性的なのが教授陣だ。研究に懸ける異常な情熱は、時に世間から“非常識”と見られてしまうことも──。知れば知るほどオモロイその生態とは。


◆日本語を忘れてしまった


 これまで日本のノーベル賞受賞者(自然科学系)は23人(日本出身者含む)。そのうち京都大学卒業生は7人でトップ(東京大学は5人)。教鞭を執る山中伸弥教授(神戸大卒)らを加えると京大ゆかりの受賞者は10人に上る。


 東京大学を凌ぐ“受賞率”の高さは、「面白い」をとことん追究できる自由な学風が大きいとされる。事実、教授陣には他の大学には見られないような個性的な面々が揃っているのだ。


 京大ではそんな教員が自らの世界を語る「京大変人講座」が2017年4月に開講、現在11回を数える。今年4月には、講座の一部をまとめた書籍『京大変人講座』が発売され、累計2万5000部のベストセラーとなっている。


「京大では変人は褒め言葉です」と話すのは、講座でナビゲーター役を務めたタレント・越前屋俵太氏だ。


「『京大変人講座』に出ている先生方は、もちろん自分たちが“変人”だとは思っていません。世の中の常識を当たり前のことだと受け入れず、自分の信念を貫いて研究する姿勢が時にそう見えてしまうだけ。彼らの面白さ、格好良さを伝えたいと考えたんです」


 越前屋氏曰く、京大のトップである山極寿一・総長(学長)がまさにそんな存在だという。霊長類の研究を専門とする山極総長は、ゴリラの生態を知るため、アフリカの高地で10か月にわたってゴリラと共に生活したことがある。山極総長が語る。


「僕はいわばゴリラの世界に留学したわけです。ゴリラの群れに入って、ゴリラになりきって1日を過ごす。帰ってきたら飯を作って、その日の記録を英語でタイプして寝る。その繰り返しでした。


 ゴリラと“ウーッ、アーッ”と話しているだけだから、人間の言葉を忘れてしまう。日本に帰ってきたときには、日本語も読めなくなっていた。鏡もまるで見ていないから、久しぶりに自分の顔を見て“首が長いし、変な顔だな”と思ったり。すっかりゴリラになったつもりでいたんですね。帰国して友だちと飲んでいると、『お前さっきからずっと、ウーッ、ウーッて唸っているぞ』と言われる(笑い)。


 こういう風に研究対象の世界にどっぷり浸かって、向こう側の世界から人間の世界を見ることでその間にある“境界”を知る。それが私のやり方です。ゴリラなど人間でないものを知ることは、すなわち人間を知ることにも繋がると考えています」


※週刊ポスト2019年5月31日号

NEWSポストセブン

「京都大学」をもっと詳しく

「京都大学」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ