アンゴラ村長、「見えそうで見えない秘所」にファン悶絶!

5月21日(火)17時58分 アサ芸プラス

 5月17日に25歳の誕生日を迎えた男女お笑いコンビ「にゃんこスター」のアンゴラ村長が、オンナの魅力を発揮したようだ。〈日本全国どこでもなわとび村長〉をキャッチフレーズに各地で得意のリズムなわとびを披露する中、仕事で訪れた群馬・長野原町にて艶っぽいシーンを見せたという。

 草津温泉の玄関口であるJR長野原草津口駅の駅前広場を舞台に5月19日、アンゴラ村長はダイナミックななわとびシーンの動画をツイッターに公開。ところが、その動画で本来なら見えてはいけない場所が露わになっていたというのだ。芸能ライターがその場面をこう振り返る。

「ひざ丈の水色ワンピースを身にまとった村長は、鮮やかなジャンプを披露。するとふんわりとしたワンピースの裾が大きくめくれ、縄がひっかからないようにするためか、ハードルを跳ぶような体勢で右脚を強く引き上げたのです。そのため大腿部がほぼ全見えの状態となり、純白の布地に包まれた秘所まで見えるのではと、彼女のファンも悶絶したことでしょうね」

 ジャンプの頂点では縄をにぎる右手を両脚の間に差し込む形になり、残念ながら「禁断の秘所」はカバー。しかしながら全身を躍動させたダイナミックなジャンプは、普段のネタで「飛ばなーい!」とのツッコミを受ける姿とは異なり、さすがはなわとび名人とファンをうならせる動きになっていたようだ。

「電光一閃と表現したくなるほどの鋭い動きと可愛らしいゆるふわワンピースのギャップは、彼女を一発屋芸人とヤユする人に大きなインパクトを与えるはず。それに加えて25歳ならではの大人っぽい艶すら感じさせるのですから、令和になって『アンゴラ村長 Ver.2』が始まったのではと期待も高まります。今後も全国でなわとび技を披露していくはずですが、ここはぜひワンピース姿でのパフォーマンスをお願いしたいものです」(前出・芸能ライター)

 トレードマークと化していたショーパンを脱ぎ捨てるのか。大人になったアンゴラ村長に今、熱い視線が集まっているようだ。

(金田麻有)

アサ芸プラス

「アンゴラ村長」をもっと詳しく

「アンゴラ村長」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ