TOKIO元メンバー・山口達也の風貌に衝撃!復帰に向けての“秘策”とは?

5月21日(火)7時15分 アサジョ

 昨年5月、女子高生アイドルに対する事件でジャニーズ事務所を退所したTOKIOの元メンバー・山口達也の近況が明らかになり、ファンの間では衝撃が走っている。

「5月16日に発売された『女性セブン』によると、事件発覚後、都内の療養施設に入院。アルコール依存と双極性障害(躁鬱病)と診断され、治療に専念してきましたが、昨年夏ごろに退院して、その後は通院してリハビリとカウンセリングを続けている模様です」(女性誌記者)

 山口は現在、兄のサポートを受けながら東京近郊の家賃7万円のワンルームマンション暮らし。同誌では、最寄りの駅から自宅まで15分程度の距離を休憩をとりながら歩く姿や、手が震えるためハンドルがうまく操作できずに、自転車にまたがっても何度も転倒するなどの近況が報じられ、ファンからは驚きの声が上がっている。

「近況はもちろんですが、一番ショックなのが容姿の変貌ぶり。坊主頭にサングラス、そして無精髭を蓄えたまるで“ガテン系”の風貌に、『まるで別人』『マジでアウトレイジじゃん』といった声も上がっています」(前出・女性誌記者)

 ジャニーズ事務所は契約を解除した今も、定期的に山口に連絡を取り近況報告を受けているという。被害者の女性も山口の謝罪を受け止め示談に応じており、事件から1年が経ち病気が回復に向かい、世論が高まれば山口元メンバーの“復帰”の可能性もあるのだろうか。

「去年、TOKIOはデビュー25周年のメモリアルイヤー。ファンのためにももう一度5人でステージに立ちたいという思いはあるでしょう。しかしTOKIOはバンド。手の震えがあるようでは、現実的にベースを弾くことは難しいのではないでしょうか」(夕刊紙記者)

 そんな中、復帰の道を探るこんな声もある。

「坊主頭に髭面の山口は、TOKIOに復帰するのが難しければ、俳優として芸能界に復帰。近頃はドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)以来、『きのう何食べた?』(テレビ東京系)、『俺のスカート、どこいった?』(日本テレビ系)など、LGBTを題材にしたドラマが話題を呼んでいます。山口自身も1993年にドラマ『同窓会』(日本テレビ系)で、新宿2丁目に出入りする両性愛者の役を演じた経験もあり、この容姿を活かした配役ならば、可能性があるのかもしれませんが…」(製作会社プロデューサー)

 山口元メンバーの芸能界復帰は、あり得るのか!?

(窪田史朗)

アサジョ

「TOKIO」をもっと詳しく

「TOKIO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ