『虎に翼』平田満が岡田将生の父に! 鷲尾真知子、高橋克実も出演決定

2024年5月21日(火)14時0分 クランクイン!

伊藤沙莉が主演する連続テレビ小説『虎に翼』(NHK総合/毎週月〜土曜8時ほか)より、平田満、鷲尾真知子高橋克実の出演が発表された。

 本作は、日本史上初めて法曹の世界に飛び込んだ、一人の女性の実話に基づくオリジナルストーリー。困難な時代に立ち向かい、道なき道を切り開いてきた法曹たちの情熱あふれる姿を描く。

 平田が演じるのは、初代最高裁判所長官で、裁判官・星航一(岡田将生)の父・星朋彦。寅子に自身の著作の改稿作業を手伝ってもらうことになり交流を深める。穂高重親(小林薫)とも親しく、老いてますます高い理想を語らう仲だ。

 平田は「“朝ドラ”は、いろんな時代のいろんな人物がお茶の間に登場するので、懐かしさと親近感があり、いつも楽しく見ています。今回は熱量とテンションの高い伊藤沙莉さんの、しかも裁判官のお話なので、期待も高まるばかりです。最高裁長官という、これまで演じた中でもっとも偉い人をやるのは荷が重いですが、ご覧になる方が気持ちよく一日を始められるよう、リラックスして臨みます」と意気込みを。

 鷲尾が演じるのは、梅子(平岩紙)の姑・大庭常。弁護士一家としての大庭家の誇りを守ることを第一に考えている。梅子の長男・徹太も自ら育てあげ、梅子には子育てをさせなかった。いつも威厳を保ち梅子や孫たちに厳しくあたることも。

 鷲尾は「いまの時代にもリンクしていて面白い!と思いながら拝見していた作品に出演できること、大変うれしいです。台本を読ませていただき、常さんが登場する昭和24年は、私の生まれた年でもあったのでご縁を感じました。物心ついたときに周りの大人たちに抱いていた感情、とくに祖母への想いを、この役をいただいて改めて思い出しました。あの時代に生き抜いていた女性たちの強さ、常さんと同じくらいの年齢の女性の匂いを表現できればいいなと思っております」とコメントしている。

 高橋が演じるのは、新潟県三条市の弁護士・杉田太郎。同じく弁護士である弟とともに、地域の事件を多く引き受けている。裁判所の職員とも懇意にしており、幅広い人脈を持つ。東京からやってきた寅子にも愛想よくふるまうが…。

 「まさかまさかの舞台が、わたしの生まれ故郷の新潟県三条市! しかも三条の弁護士役だなんて、ビックリしました」と出演を喜ぶ高橋。「特に、今回楽しみにしているのが三条のことばなんです。三条弁には、『らて』という可愛い語尾があって、『〜です』を『〜らて』と言うんですよ。例えば、『そうです』は『そうらて』になって、『カフェラテです』は『カフェラテらて』に…。この『らて』が、寅子の『はて?』に続いて流行って欲しいと期待しています!」と話す。

 制作統括・尾崎裕和は「今回発表した登場人物たちにはそれぞれに譲れない持ち場があります。最高裁判所・大庭家・新潟の三条、それぞれの場所の主(ぬし)とも言える人たちです。職場・家庭・地域、それぞれの場所を誇りを持って守る3人の所へ、寅子は自らの道を信じて突き進み、時にぶつかりあい時には心を通わせることになります。平田満さん、鷲尾真知子さん、高橋克実さんという、お名前を聞いただけで伊藤沙莉さんとのお芝居が楽しみになるみなさんの登場を、楽しみにお待ち下さい」と言葉を寄せた。

 連続テレビ小説『虎に翼』は、NHK総合にて毎週月〜土曜8時ほか放送。

クランクイン!

「平田」をもっと詳しく

「平田」のニュース

「平田」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ