TDS新エリア、イメージ動画公開! 魔法の泉に導かれ『アナ雪』などの世界へ

5月21日(火)14時14分 マイナビニュース

2022年度中の開業を目指している東京ディズニーシー(千葉県浦安市)の8番目のテーマポートの名称発表セレモニーが21日、開発予定地にて行われ、「ファンタジースプリングス」と発表された。また、同テーマポートのイメージ動画とイメージ画も公開された。

同プロジェクトでは、既存施設への追加投資としては過去最高となる2,500億円を投じ、東京ディズニーシー開業以来最大の面積を拡張。8番目となる新テーマポート「ファンタジースプリングス」は、ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』の世界を再現した3つのエリアと、パーク内に位置するディズニーホテルで構成され、3エリア合わせて、4つのアトラクションと3つのレストランと1つのショップが誕生する。

新テーマポート「ファンタジースプリングス」は、“魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界”をテーマとし、ディズニー映画の世界を再現。ゲストは、魔法の水が流れる滝や池に遭遇し、ディズニーの物語の世界へといざなわれる。

入口の左側(昼)
入り口の左側(夜)

新テーマポート内(昼)
新テーマポート内(夜)

その先には、ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』を題材とした3つのエリアが広がり、それぞれの物語をアトラクションやレストランなどで体感することができる。また、パーク内に位置し、最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルが泉を臨むようにそびえ立つ。

『アナと雪の女王』をテーマとするエリアは、映画の終盤、雪の女王であるエルサが氷の魔法を受け入れたあとの世界が広がり、ゲストは門が開かれたアレンデール王国を訪れることができる。同エリアには、アナとエルサ2人の姉妹の心温まるストーリーをめぐるアトラクションと、美しい雪山のふもとにあるアレンデール城の中にレストランが導入される。

『塔の上のラプンツェル』をテーマとするエリアは、ラプンツェルの塔が森の奥深くにそびえ、ラプンツェルと一緒に、映画の中で描かれたランタンフェスティバルを訪れるアトラクションや、映画に登場する愉快な荒くれ者たちの隠れ家をテーマにしたレストランでの食事が楽しめる。

『ピーター・パン』をテーマとするエリアでは、ピーターパン、ティンカーベル、ロスト・ボーイズが住むネバーランドで、ゲストは彼らと一緒に新たな冒険に出発。ネバーランドのジャングルを飛び立って海賊たちと戦う大型アトラクションと、ティンカーベルと妖精たちが住むピクシー・ホロウを訪れるかわいいアトラクション、ネバーランドの素晴らしい景色を眺めながら食事ができるレストランが導入される。

『アナと雪の女王』エリア
『塔の上のラプンツェル』エリア

『ピーター・パン』エリア
ディズニーホテル

(C)Disney ※動画、画像はすべてイメージ

マイナビニュース

「魔法」をもっと詳しく

「魔法」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ