藤田ニコル、自宅も公開 ストイックで冷静な素顔…家庭環境が違ったら「もっと自分に甘かった」

5月21日(月)10時6分 モデルプレス

藤田ニコル/「情熱大陸」より(C)MBS

写真を拡大

藤田ニコル/モデルプレス=5月21日】20日放送のMBS/TBS系ドキュメンタリー番組『情熱大陸』( 毎週日曜 よる11時〜)では、モデルの藤田ニコルに密着。多忙な仕事での様子や自宅での素顔、にこるん流仕事論などが明かされた。

◆夢だった「情熱大陸」出演

今月10日にはTwitterで「ずっと夢だったあの番組 情熱大陸にでます」と2014年に投稿した「情熱大陸に出れるような人間になる。」というツイートとともに、目標達成をファンに報告していたにこるん。番組では、自身が立ち上げたブランド「NiCORON」のために長時間の撮影に挑みながらも笑顔を絶やさない様子や、ハードなトレーニングなど、プロのモデルとしてのストイックな姿も公開された。

◆お年頃にこるん、自宅も公開「寂しい」

また、引っ越して間もないという2LDKの自宅も公開。思い切って広い部屋にしたというが「なかなか寂しいよね、こんな広さにしなきゃよかったって思った」と後悔をつぶやく場面も。夕食の後は「何しよっか、もうやることなくなっちゃった」と年頃らしいさみしげな横顔も覗かせた。

◆自身の性格を分析

両親の離婚後、働き詰めの母の元で育ち、母親も周囲から「羨ましがられる」というほど親孝行なにこるんだが「お父さんもいてお母さんもいてお金もある家庭だったら、こんな性格になってないと思う。もっと甘かったと思う、自分に」と語り、自身の性格を「真面目な気がする」「割と冷静なのかなって思う」と分析してみせた。

◆冷静で前向き、にこるん流仕事論

2ヶ月で休みがたった2日だけというほど多忙を極めるにこるんだが、「詰めすぎだと思う」とマネージメント側に思わず吐露したり、自身が亡くなった後のファンことを想像する場面も。しかし「今ある仕事は全部ちゃんとやりたいし、そんなのいつ終わるかわからないじゃないですか」と冷静に自身の現在の状況を見ているにこるん。「先見すぎてもなんか『辛い』じゃないけど、わかんないから。だったら今楽しんで、必要とされる分だけ頑張りたい」と前向きで力強いにこるん流の仕事論も明かされた。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「藤田ニコル」をもっと詳しく

「藤田ニコル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ