フォロワー総数160万人の“走るモデル”出岡美咲、山中湖ロードレースに向けトレーニング中

5月21日(月)21時28分 オリコン

国内外のフルとハーフマラソン大会に積極的に参戦している出岡美咲。

写真を拡大

 フォロワー総数160万人を誇るモデルの出岡美咲が、27日に開催される「山中湖ロードレース」(山中湖一周コース/13.6km)を目指してトレーニングに励んでいる。

 「今年はスケジュールがあれば、積極的に走りたいと思っています。元々は体力アップと太りやすい体質を改善し、ダイエットのために始めましたが、今は少しでも早く走りたいという気持ちが強くなってきました」という出岡は、「山中湖ロードレース」の参加費5000円も自腹で払ってエントリー。

 出岡は、4年前から国内外のフルとハーフマラソン大会に、精力的に出場。4月中旬には“世界で最も過酷なレース”と言われている「FWD北極マラソン」に初挑戦し、ハーフマラソンを完走したばかり。気温マイナス33度。肌を露出すると凍傷にかかるため、参加者は全員、ゴーグルに防寒具をつけ、凹凸のある雪上を走る。「北極は大変でしたが、一生に一度の貴重な経験をさせてもらいました。汗が凍り、痛かったです…。力一杯腕を振ったために、初めて足ではなく、二の腕が痛くなりました」と振り返った。

 元々、子供時代にはバスケットボール部に所属し、砂浜を毎日10km走っていたというベースがある。現在のフルマラソンの最高タイムは4時間22分で「早く4時間を切りたいです。調子良く走っていても30kmの壁があって後半、失速してしまう」と克服すべき課題は分かっている。出岡の最大の目標は、来年3月3日開催予定の「東京マラソン」出場。「東京オリンピックの前年ですし、気合を入れて走ります」と意気込んだ。

■出岡美咲(いずおか・みさき)
1990年9月24日生まれ、三重県鈴鹿市出身。身長168cm。2007年、ファッション雑誌『Popteen』のモデルオーディション「Popガールズオーディション」で約7000人の中からグランプリに選ばれ、同誌の読者モデルとして活動。その後、『KATY』『JELLY』の専属モデルとして活躍。現在はファッションモデルを中心に、マラソンランナーとして各種大会に出場する一方、“SNSの女王”として注目を浴び、その活躍の場をマルチに広げる次世代モデル。生島企画室所属。

オリコン

「ロードレース」をもっと詳しく

「ロードレース」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ